中学受験専門塾・優学習会 すぐるホームページ

中学受験専門の学習塾である優(すぐる)学習会は,四谷大塚提携塾です。新宿区高田馬場にて1981年以来,一つの教場で合格への対策指導をしています。無料教材満載の「すぐるゼミ」,推理力・論理力を養う「学習パズル」や「学習ゲーム」など,コンテンツ満載!
すぐるサイト内から  を 
トップページ > すぐる卒塾生の学校紹介

イニシャルは,「名・姓」の順になっています。
生徒からいただいた体験記は,塾で加工することなくそのまま掲載しております。(誤字・脱字のみ修正。)

すぐる卒塾生の学校紹介


 2016年入学 佼成学園 K.H.君

 今ぼくは「佼成学園中学高等学校」という学校にかよっています。佼成学園は立正佼成会という宗教の人が建てた学校ですが,学校での授業内容は宗教とは全く関係なく宗教関係のものと言ったら,学校の創立記念式典で少し宗教の話を聴くくらいです。だから宗教の事は心配しないでください。
 次にこの学校のメリット・デメリットについて話していきたいと思います。まずデメリットの方から話していきます。この学校のデメリットは,トイレの床がタイルでまた,小トイレがタイマー式になっていてたまに水が流れるという風になっています。
 また,メリットは勉強の環境が完璧に整っているということです。先生は問題がわかるまで優しく接してくれて,自習部屋も友達とわからないところを相談し合って協力して取り組んだりしたいならしゃべることができる団体の自習室と,個人個人で集中して取り組みたいという人のための,個人の自習室があります。
 次にこの学校の部活について話していきたいと思います。この学校で代表的な部活といったら「アメリカンフットボール部」です。うちの学校は昨年高校の部が決勝戦で優勝し全国一位となり,また中学の部でも準優勝となりました。
 また,ぼくが入部している部活は「吹奏楽部」なんですが,この部活はアメフト部の試合や野球部の試合などの応援や,いろいろな行事で活躍する部です。
 佼成学園はデメリット(トイレ)もあるけどメリットの方が多い学校なのでぜひ来てください。

 2016年入学 攻玉社中学校 H.N.君

 僕は攻玉社中学校に通っています。攻玉社中学校は不動前駅から徒歩2分と非常に近い学校です。
 攻玉社は「誠意・礼譲・質実剛健」を校訓とし,日々取り組んでいます。攻玉社は授業前の「黙想」の合図で目を閉じ,気持ちを切り替えてから授業をします。校則は髪の長さなど様々なものがあります。一番つらいのは携帯電話やマンガなどを持ってきてはいけないという校則です。これは余談ですが,僕は2学期に入ってからスマホを没収されました。
 攻玉社の先生は,みんな優しく,ときには厳しいとてもいい先生です。
 攻玉社の定期テストは,1学期に2回,2学期に2回,3学期に1回あります。点数が低いと補習になります。定期テストは中間試験・期末試験・学年末試験の3つに分かれています。
 授業は,プリントをやる,ノートに書きこむなど教科によって授業の形式は違います。授業に必要な道具を忘れたら立たされたり,近くの友達と話して廊下に立たされたりします。宿題がある教科もあります。宿題を出さないと補習になったりします。ノートの提出がある教科もあります。
 攻玉社中学校はとてもいい学校です。不動前を通る機会があれば,ぜひ攻玉社を見てください。

 2016年入学 攻玉社中学校 R.O.君

 僕は攻玉社中学校に通っています。僕の学年は約 260 人いて,そのうち 1 クラスの約 40 人が帰国生です。
 宿題は先生によって違いますが,基本的には英語と数学,国語で出ます。特に数学は,定期テスト前までにテキストの○○ページまでやるようにというまとまった課題が出るので,自分で計画的にやらないと後で苦労します。他の教科では,ノート提出などの課題もあるので,毎回の授業の板書をきちんとしたり,先生の話を聞き逃さないようにする必要があります。なので,勉強面では面倒見のいい学校だと思います。
 定期テストは,学期ごとに中間と期末テストがあります。中間では主要 5 教科のテストがありますが,英語以外は 2 つの教科に分かれるので全部で 9 教科あります。期末では更に音楽などの副教科が加わり,12 教科になります。中間期末では順位の発表のようなものはないのですが,だいたいどのくらいの位置に自分がいるのかわかるようなグラフをもらえます。実力テストが年に 1,2 回あるのですが,それは学年順位がわかります。定期テスト以外では,漢字テストや英単語テスト,計算テストなども授業中に出て,あまりにひどいと補習対象になり,強制的に補習を受けることになります。
 最後に,部活やその他の活動の話をします。グラウンドが狭いので,部活動や校内での遊びは少なそうに思うかもしれませんが,意外に狭い敷地を利用して遊べる,という気がします。僕は休み時間にいつもグラウンドに出て遊んでいますので,あまり狭いことで不便を感じることはありません。強いて言えば,運動会は学校のグラウンドで行わず,駒沢まで行くので不便かもしれません。サッカー部や野球部の活動も日によって校外の施設です。僕はバスケ部なので学校の体育館です。バスケ部は土日も活動があるので大変ですが,初心者の僕でも楽しく参加できています。
 攻玉社は良い先生が多く,勉強面でも面倒見がよく,部活動も結構盛んで楽しい学校です。是非,攻玉社に来てください。

 2016年入学 豊島岡女子学園中学校 S.O.さん

 私は豊島岡女子学園中学に通っています。今日は学校生活について書きますので,参考にしていただけると嬉しいです。
 「校風」
 部活動が盛んなためか,元気で明るい女子が多くいます。部活も文化系,運動系と豊富ですし,勉強を頑張る子は多いですがそればかりではないので,どんなタイプの女の子にも居場所がある校風だと思います。
 「運針」
 豊島岡の特徴の一つである運針は,毎朝ホームルーム前に5分間行います。はじめは面倒だなと思っていましたが,慣れてくると上手に針と糸を扱えるようになり,5分間があっという間に感じるぐらい集中して縫うことができるようになります。私は,今では運針に集中できるこの時間が楽しく感じています。
 「友達・先輩」
 私の学年は,一クラス約 44 or 45 人で 6 クラス,合計 267 人います。クラスの雰囲気は皆フレンドリーで仲が良いです。先輩との距離も近く,先輩と一緒に遊びに行く人もいるぐらいです。
 「勉強面」
 * 宿題について・・・数学の宿題は極々たまにしか出ません。その代わり,定期テストまでに指示された問題集を各自で計画的に進めるように言われます。英語はほぼ毎回の授業で宿題(予習含む)が出されます。国語は予習復習が宿題として出されます。宿題についてはこの 3 教科以外はそれほど出ないので,皆さんが想像するほど多くないのかもしれません。
 *テストについて・・・定期テストと実力テストがあります。定期テストについては,点数が悪いと主要教科などで補習に呼ばれます。日々の生活で最も大変なのは,実は朝テストです。朝テストは,漢字テスト・数学テスト・英単語テストがそれぞれ 1 ヶ月に 1 度ぐらいのペースで実施されます。何が大変かというと,基準点を下回ると再テストになってしまいますが,その基準点が意外に高いのです。しかも,朝テストの追試は,7 時 45 分から始まるので,いつもより早めに学校に行かないといけません。なので,小テストとは言え,再テストに引っかからないようにしっかり勉強する必要があります。
 「部活」
 私は水泳部に所属しています。水泳部は私の学年は 9 人ですが,もっと人数が多い部活もたくさんあります。例えば,コーラス部です。全国大会に出て毎回賞を受賞するような強い部活なので,とても人気です。水泳部については,オンシーズンである夏の活動が盛んです。夏休みは日曜日以外ほぼ毎日あるので,家に帰るとヘトヘトになります。オフシーズンは,活動日数が減り,筋トレが中心になります。水泳部の先輩は皆優しく,泳ぐのが上手で皆とても尊敬しています。
 「食堂」
 最後に,食堂について説明します。豊島岡の特徴の 1 つはこの食堂だと思います。「ぽっぽ」という名のこの食堂には,毎日違うメニューがたくさんあり,食堂の脇にある売店にはベーグルやドーナツ,揚げパンなどのおいしい食べ物だけでなく,おにぎりやお総菜パンなどもあります。自動販売機も 4 台あり,そこでとってもおいしいデザート類やジュースなどを買うことができます。しかも安いので,ついつい買ってしまいます。
 私からの豊島岡の紹介は以上です。豊島岡はおそらく皆さんが感じているより,明るく楽しいことがいっぱいつまった学校です。少し勉強が大変ですが,何事にも頑張る友達が多いので,一緒に勉強をしたり,教えあったりもできて,それほど苦痛には感じないと思います。是非皆さんも豊島岡女子学園を目指してくださいね。

 2016年入学 学習院中等科 T.F.君

 僕は学習院中等科に通っています。
 学校へは山手線,副都心線,都営バスなどで行けるので便利です。
 お坊ちゃん学校というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。たしかにお金持ちの家の生徒もいますが,ドラえもんのスネ夫みたいに憎たらしくはありません。知っての通り学習院初等科という小学校があり,クラスの半分ほどが初等科出身です。初めの1ケ月ほどは初等科出身生とそうでない生徒に見えない壁のようなモノがありますが,週に6日も顔を合わせるので自然と仲良くなっていきます。
 教科は科目ごとに分かれていて,理科は物理,化学,地学,生物の4つ,社会科は地理,歴史の2つ,数学は代数と幾何に分かれています。宿題もさほど多くなく,ないことも珍しくないです。水泳の授業は赤いふんどしをつけてやります。ですが,男子しかいないので恥ずかしがる必要はないです。あと,学期末になるとレポート提出などの(大規模な?)宿題が出ます。教科書の内容だけでなく発展的な学習もします。
 部活はわりと特色があると思います。ラグビー部や古武道部,航空同好会やアマチュア無線同好会や,つり同好会など珍しい部が多いです。
 学食は1年生も使うことができます。どのメニューも500円以下です。カレーとハヤシは270円(大盛りで340円),カツカレーは370円。ラーメンも塩,しょうゆ,みそ,とんこつ,そして油そばもあります。そして最も安いのはかけそばとかけうどんで,200円です。そして麺大盛りという麺共通で使える50円の券もあります。それと,からあげ丼やGランチというものもあります。そして一番人気なのは100円のフライドポテトです。学食のある生徒ホールには売店もあります。学校で忘れ物に気が付いても,お金さえあれば買うことができます
 最後に,中等科では携帯電話やゲーム機の持ち込みは禁止で,見つかれば没収または破壊されると言われています。先生は「災害時はケータイはつながらなくなるのであっても無駄だ」と言っています。高等科に進むとOKになります。僕はなくても困りません。
 学習院の魅力が伝わったでしょうか。志望校に選んでいただければとてもうれしいです。

 2016年入学 恵泉女学園中学校 Y.T.さん

 私は,恵泉女学園という学校に通っています。参考にしていただければ幸いです。
[勉強の様子]
 恵泉は,英語の恵泉というだけあり,英語に力を入れていて,授業は毎日あります。毎時間の小テストは,習ったところがプラスされ広い範囲の中から出ます。
 そして,恵泉には恵泉ならではの園芸の授業があります。園芸の授業では,主に教科書を使った普通の授業の他,畑で色々な作物や花を育てたりする授業もあります。さらに,自分たちで育てた野菜は持ち帰り,食べることもできます。自分たちで育てた野菜を収穫し家で料理すると,とても達成感があります。
[友達関係]
 入学当初は皆,緊張していましたが,すぐに仲良くなりました。クラスの友人,部活の友人と沢山の仲間も出来ました。
[校舎の様子]
 恵泉は,数年前に新しく建て替えられたのでとても清潔感のあるきれいな校舎です。また恵泉のシンボルともいえる,泉があります。泉がある中庭ではよく生徒が遊んでいます。
 また,礼拝をするフェロシップホールには立派なオルガンがあり,とても綺麗な音色を出します。
[通学]
 恵泉は,世田谷区にあり,生徒が一番使う電車の路線は小田急線です。駅から学校まで15分歩くので,入学したての頃は電車プラス歩きで学校に着いたらバテてしまっていましたが,1ケ月も経つと慣れます(笑)。
[部活]
 恵泉で一番人気な部活はチアリーディング部です。練習はとても厳しいという風に聞きますが,先日の恵泉デーで発表を見ることができてとても感動しました。私は課外オーケストラと,かるたクラブに入っています。オーケストラは70人と人数が多いですが,合奏をすると全員の音が1つになり,綺麗なハーモニーを奏でます。かるたクラブでは,百首を覚え主に試合をします。今年は1年生が10人も入り,狭い日本間がさらに狭くなりました(笑)。オーケストラもかるたクラブもやさしい先輩方ばかりですよ!
[制服]
 恵泉に制服はありません。自分でその日の洋服を考えます。先生によると,「考える力を育てるため」だそうです。
 私は,恵泉に入学して,毎日充実した生活を送っています。この学校を選んで本当に良かったと思っています。

 2016年入学 鴎友学園女子中学校 M.F.さん

 私は,鴎友学園女子中学校に通っています。
 これから鴎友について紹介していきます。
 <校風>
 生徒はみんなとても明るくて,にぎやかです。休み時間はうるさいくらいみんながしゃべっていて,昼休みは広場でおにごっこをしたりして走り回っています。
 <友達>
 前述した通りみんなにぎやかです。みんな勉強ができて,性格も良く尊敬できる友達がたくさんいます。また中1では3日に1回席替えがあり,いろんな人と話せます。いじめは多少はあります。鴎友ではアサーショントレーニングを行っており,「みんなを認めあう」ことを入学当初から教わっていて,私のクラスでも後期に入ってから,悪口を言ったりすることがなくなりました(本当です)。
 <授業>
 先生方はとても熱心で,数学,理科(中1は生物)社会(中1は地理)ではオリジナルの教科書があるくらいです。
 鴎友には特色のある授業がたくさんあります。園芸の授業では,一人ずつの畑があたえられ,ラディッシュやブロッコリーをつくったりします。英語はオールイングリッシュで授業をしています。中1から自分の好きな本を選んで読む「多読」を取り入れています。リトミックでは柔軟性を高めながら,目と耳から与えられた刺激を全身で表現していきます。また,キリスト教の精神を基盤にしているため,聖書の授業もあります。
 <クラブ活動>
 鴎友ではそれぞれの部のことを「班」と呼びます。中1ではいきなりここと決めて入るのではなく,様々な班で体験ができる「仮班」というものがあり,37ある班から自分の行きたい班を見つけていきます。ちなみに,私はダンス班に入っていて,上下関係に厳しく,練習もハードです。しかし仮班の時に優しくしている班もあるので,いろんな班を体験するといいと思います。
 <通学>
 馬場から50分くらいでつきます。降車駅は小田急線経堂駅,世田谷線宮の坂駅の2通りありますが,どちらから降りても坂道などはありません。私は新宿から小田急線にのりますが,始発駅&下りなので座れます。
 <施設>
 園芸の授業で栽培をする農園,英語の本を読むことができるLLライブラリー,そのとなりにある地下体育室,図書館,和室,軽井沢の追分山荘など,すばらしい施設がたくさんあります。
 <制服>
 夏服はグレーのチェックのベストに半そでシャツ,ピンクのリボン(高校生は水色)グレーのチェックのスカート,冬服はチャコールグレーのジャケットとスカートに赤のリボン(高校生は青)です。私は結構気に入ってます。
 <最後に>
 受験勉強のときは,30分間ものすごく集中して勉強して,5分休むでもいいと思います。私も集中が続かない人だったのでそうしていました。受験がんばってください!
 そして,鴎友はすばらしい学校なので,考えてもらえるとうれしいです。

 2016年入学 早稲田中学校 K.M.君

 僕は,早稲田中学校に通っています。
 これから早稲田中学校を紹介します。
 早稲田中学校は,「誠」(まこと)を校訓とする学校です。誠は自分で見つけるものだと先生方が思われているらしく,ある程度までは自由にできます。ですが,ルールを守らなかったり嘘をついたりすると,あたりまえの事ですが,怒られます。敷地は,東京メトロの早稲田駅から歩いて10秒の所にあります。校舎は,入口にある事務棟,理科の実験を行うための施設である理科棟,体育館,剣道場,柔道場などがある興風館,授業を受けるための中学棟と高校棟があります。
 友達関係は,だれでも仲が良いです。少し暗い子でもなにか一つでもすごい物や事を持っていれば,それを認めてくれる優しい周りの人がいるような環境です。またどの学校にもあるかもしれませんが,自分の住んでいる所の自慢をすることが盛んです。また電車通学をしている友達は,「3時間も電車にいて,何もすることがないどうしよう。」という言葉がたくさん聞こえます。
 クラブ活動で僕はサッカー部に入っているのですが,顧問の先生は,自主性を重んじており,部員が顧問に,練習試合の手配をお願いすることで,練習試合ができたり,大会もエントリーするかどうかも聞かれるような部活です。
 勉強は,ナメてかかると,いくらでも悪い点数がとれます。どこの学校でもそうかもしれませんが,中1の場合,国語→現国,算数→代数・幾何,理科→物理化学,地学,社会→歴史・地理,それと英語の8つが中間テストに出され,期末は,それに加えて技術,家庭,美術,音楽,体育があります。体育以外は,実技もありますが,筆記もあります。
 この学校の携帯電話を持っている割合が,ほぼ100%な事から,ノートは,写真をとってもらってメールで送ってもらっている人もいます。
 これ以上くわしいことは,早稲田中学校の学園祭に来てください。誰に聴いても,答えられるだけ答えてくれると思います。学園祭は興風祭といって,毎年10月の上旬ごろに行われます。是非来てください。
 最後に,早稲田中学校は,世の中で,オタクと呼ばれている人が,それぞれの得意な事を伸ばせる所です。新入生の人はそれを分かっていれば,先輩との付き合いで困る事はまずないはずです。難くせがある人も受け入れる。それも「誠」です。早稲田中学校に入った僕は,この学校は良い学校だなとつくづく思います。

 2016年入学 雙葉中学校 A.Y.さん

 私は雙葉学園に通っています。これから,この学校についてご紹介します。
 まず,雙葉の校風についてお話します。雙葉は「徳に於ては純真に,義務に於ては堅実に」という校訓のもと,健全な人格の成長をはかり,日常生活の良き習慣を身につけることをねらいとしています。
 次に,雙葉の日常生活について説明していきます。校舎は新しくきれいで7階建てとなっています。中1の教室は3階にあります。教室移動のときは大変ですが,そのうち慣れてくるので大丈夫です。そして,普段の勉強の様子は,先生が優しくて面白いので盛り上がっています。数学などは進むスピードがはやいですが,先生に聞きに行くと1対1で丁寧に教えてくれます。学期ごとにある中間テストや期末テストでは,結果の順位などはなく,時々平均点も教えられないときさえあります。そのため,周りとの競争はなくて自分としっかり向き合うことができます。大変なこともたくさんあるけれど,授業を受けているうちに楽しいと感じられるようになりました(もちろんつまらなくて,眠くなってしまうこともたくさんあります。)友達関係については,小学校上がりの子もいて,最初は友達とうまく打ち解けるかとても不安でした。しかし,面白い人が多くて,今は,充実した日々を過ごしています。女子だけなので私もトラブルに巻き込まれたことはあります。しかし,その時は内部の友達が私の支えとなってくれました。最初は不安でも時間が経つにつれてこの学校に入ってよかったと,絶対に思うようになるはずです。とにかく頑張ってみてください!
 次に,クラブ活動についての話をします。雙葉の部活はどれもアットホームで先輩方はみんな優しいです。ちなみに私は陸上同好会と化学班に入っています。雙葉の部活は2つまで入ることができ(部活によっては違います),部・同好会・班に分かれています。普段は週2以上参加すればよく,中1では走り幅跳びやハードルをします。先輩方が細かく教えてくれるため,自分のやる競技に自信を持つことができます。
 陸上同好会は文化祭では体力測定などをします。化学班は週1で文化祭では演示実験をしたり,今年はスライム作りなどもしました。とても勉強になり,しかも実験がとても楽しいのでおすすめです。是非,入部して下さい!
 最後に,雙葉の行事や制服について話します。行事といえば何より雙葉祭で,毎年多くのお客さんが来ます。とても楽しくてあっという間に終わってしまいます。そして,その後にある,後夜祭では雙葉祭実行委員の方を中心に部活ごとに出し物があります。かなり盛り上がります。その他の行事もたくさんあり,どれもとても楽しいです。
 雙葉の制服はセーラー服で夏服,冬服どちらもとても可愛いです。とくに,胸あてにある錨のマークが特徴的です。
 通学については雙葉は四谷にあるので,比較的行きやすいと思います。
 今まで雙葉のことについてだらだらと書いてきましたが,何か気になることはありましたか?今は,受験勉強でとても大変な時期かも知れません。しかし,その積み重なった努力は必ず実になるので,最後まであきらめずに頑張って下さい!応援しています。
 是非,雙葉に来て下さい!

 2016年入学 城北中学校 S.N.君

 城北での学校生活
 僕の通う城北中学校では,とても楽しい学校生活を送ることができます。朝,登校してくると,HRが始まるまでは,友達と話していたり,本を読んだり,部活の朝練に行ったりとさまざまです。HRが終わると,授業が始まります。授業の初めには,「静座」を行います。姿勢を正し,軽く目を閉じ,精神統一をします。授業では,先生の話をよく聞き,後で復習しやすいノートを作ることが大切です。「おもしろくない授業は授業ではない」ので,生徒と先生で楽しい空間を作り上げます。昼休みになると,持ってきたお弁当を食べたり,食堂に直行したりとさまざまです。食堂は,メニューが豊富で,とてもおいしいです。今年から,朝や放課後なども利用できるようになりました。昼食後は,グラウンドで友達と遊んだり,図書室で本を読んだりとさまざまです。午後の授業が終わり放課後,クラブ活動のある生徒は,それぞれのクラブへと向かいます。城北ではクラブ活動がさかんで,運動部,文化部ともに一生懸命がんばっています。また,クラブの中での先輩,後輩の上下関係も強く,先輩はとても優しいです。
 また,2学期には体育祭や文化祭があります。体育祭では,赤,白,緑の3つの組に分かれて,得点を競い合います。個人での種目より団体での種目の方が多く,団結力がためされる場となります。文化祭では,今年も大勢の方にご来校いただきました。自分の店をつくるのは大変だったけれど,とても楽しかったです。また,城北ではもちろん中間,期末テストもあります。テストの1週間前になると,クラブ活動も停止になり,みんなが勉強を一生懸命になっています。このころは,図書室は自習する生徒でいっぱいになります。このように,勉強や部活で忙しい毎日ですが,とても楽しい学校生活を送ることができます。

 ↓S.N.君のお母様からも体験記を送っていただきました。ありがとうございます。

 城北中学校について
 同学年では,息子の小学校から通うお友達がいなかったため,不安もありました。ですが,入学して早々に3泊4日のオリエンテーションがあり,様々な共同作業や活動を通して,すっかり同じ班の仲間達と意気投合して帰ってきました。
 とても楽しい先生が多いようですし,2クラスごとにベテランの副担任の先生がついてくださるので,安心です。
 忙しいクラブに入部したため,土日もがんばっておりますが,クラブによっては,活動日の少ないところもあるようです。
 体育祭でのクラブ対抗リレー,文化祭での展示や出展,仮装など,男子校の楽しさがたくさんあります。広い運動場やプール,学食も大変満足しておるようです。
 (通学も池袋からは電車で1本で座っていけるから楽だそうです)
 ぜひ一度城北に遊びにいらしてください。

 2016年入学 成城中学校 Y.H.君

僕が通っているのは成城中学校です。参考にしていただけると有り難いです。

「校風」
ゆるいほうだと思います。
先生なども優しい人が多く、分からないところも丁寧に教えてくれます。

「登下校」
成城は牛込柳町駅から徒歩1分もあるかどうかのところです。だからすごくらくです。
あとは電車通学に慣れれば大丈夫です。

「校則」
生活指導は他校よりも厳しいですと先生自身が言っています。
忘れ物、ロッカーの整理整頓は厳しく、スマホの持ちこみは禁止です。
すでに学校に取り上げられた人もいます。
またクラスによっては親も反省文を書くことになるので成城に入学したら注意を。

「先生について」
個性的な先生が多いです。
正直教え方が下手な先生もいますが、どの先生も熱があり、聞いていて楽しく勉強になります。
しかし前述しましたが忘れ物には厳しいです。(一人怒っていて授業が30分つぶれたこともあります)

「友達について」
心配しなくてもすぐできます。
さすがに登校初日からうるさくはなかったものの、
3日目にはすごい騒ぎで、先生に怒られるのではないかと心配でした。(僕は少し冷めている部分がありましたがすぐ友達ができました。)

「学食」
どれもすごくおいしいです。あととにかく安いです。僕のオススメは(唐揚げ丼)です。〈あくまでも僕の感想ですが・・・〉あとはポテトによってできる行列はすごいです。昼休みにはもうないです。

「行事」
5月にある春期校外課業(遠足)でほとんどの子と話せるようになり、臨海学校では泳ぎが苦手でも楽しめます。
運動会では、小学校とは違い規模が大きいです。特にクラス対抗リレーでは色々なハプニングがおこり楽しかったです。
成城はとにかく行事がたくさんあるので楽しいです。

「部活」
僕はハンドボール部ですが、とにかく先輩は優しいです。いちいち敬語を使わずに、気軽に話せます。またどこの部活も強く、ハンドボール部では高校は関東大会出場経験があり、中学では最近の新人戦(中二に交じりました)で、東京都ベスト16を獲得しました。
しかし、普段の練習は大変です。帰りは7時~7時30分ぐらいになってしまいます。なので、勉強との両立は大変です。

「最後に」
受験勉強はとにかく大変です。
しかしどこの学校であろうと頑張ればきっと楽しい学校生活になると思います。


 2016年入学 洗足学園中学校 S.N.さん

 私は洗足学園中学校に通っています。入学後初めての数学の宿題は「フィボナッチ数列の規則性を発見するレポートを書く」ことでした。授業が始まる前からボリュームのある宿題が出されたので驚きましたが,やりがいがあります。数学だけではなく全教科で宿題が多く,大変です。それでも,計画的にやり遂げることで時間の使い方が上手になるための訓練となっているように感じます。ときどきすぐるのホームページを見てとても参考になることが書かれているのを見つけ,その度に宿題レポートが書きやすくなって助かりました。中学生になってもすぐるのホームページは身近にあるので,永瀬先生と岸本先生に会いに行きたくなります。これからもときどき塾に顔を出します。すぐるで過ごした時間はとても楽しいよい時間でした。中学生になってからの勉強方法を見つけることができ中学の授業の軌道に乗るための役に立ちました。そして,すぐるで得た素晴らしいものはまだ他にもあります。すてきな友達と知り合えたことです。大変な時期を友にした友達と,別々の中学校に通うことになってもずっと友達です。「永瀬先生と岸本先生に会いに行こう!」と言って一緒にすぐるに立ち寄るのはとても嬉しいことです。
 学校については,ホールもカフェテリアもとてもきれいです。進学校にしては部活の種類が多く,皆充実した活動をしています。生徒は真面目な人が多いです。最も不真面目な人をあえて挙げるなら,私くらいです。勉強することが大好きな,頑張り屋さんがそろっていると思います。
 授業は,1校時が65分なので長目です。そして進み具合は,とても速いです。すぐるで習ったことが中学授業の予習のように役立っていると感じることがあります。すぐるで受験勉強をしたお陰で,苦手だった算数(数学)が楽しい時間となっています。
 宿題は多いけれど,良いクラスメイト達に囲まれてとても楽しい毎日です。この中学校に入学して良かったと感じています。

 2016年入学 法政大学中学校 亀和田悠友 さん

法政大学中学校に通学してみて

 私が通っている法政大学中学校は,高田馬場から50分ぐらいの場所にあります。朝早く起きなきゃいけないから大変だけど,早起きの習慣がつくのでとってもいいですよ(笑)。
 勉強面では,すごく先生がていねいでわかりやすいし,附属校だから生徒だけが頑張るのではなく,先生達が全力でサポートして,高校に上がらせようとしてくれるから,勉強であんまり不安は感じません!中間テスト,期末テストは全教科の平均が60%以上とれないといけないのですが,普通に勉強していれば何事もなく超えるので安心して下さい!また中間期末の数学と英語それぞれで悪かった人は,木曜が 4 時間なので 5 時間目 6 時間目に数学や英語をやります。(無料でこの授業を受けられます!でも指名された人だけ)
 友達は入学式から少し経てばすぐにできます。私はほとんど同じ部活の子が友達だから,ほぼずっと一緒にいますよ(笑)友達関係とかは小学校のときとまったく変わらない感じで,すごくのびのびしています。友達と遊びに行ったり,放課後,おしゃべりしたりするのが私にとってはストレス発散になります。中学校では 1 学年 4 クラスしかないので,たくさん友達を作っておくと,その日の授業で忘れ物をしたことに気づいたら,他のクラスの子に教材を借りるとか色々ラッキーなこともできるので得ですよ!
 私の学校の校舎は中学棟と高校棟がつながっていて,比較的新しいのできれいです。ですが,外は木がいっぱいあるので虫嫌いにはつらいかもしれません(笑)。
 制服はブレザーなんですけど,いつも肩パッドがじゃまでスクバ持ちにくいなって皆思っています。女子はスカートはひざ上 2 cmまでなんですけれど,先輩とかはスカートとか折っています…。最初は制服が浮いていたけれど,もう定着しました!制服とか,髪の毛が肩についたら一つ結びか二つ結びをしなきゃいけないとか校則があるけれど, 1 年生だけは特に厳しいんですよね(泣)。多分,学校説明会のときとか 1 年生の教室を見られるから生徒がしっかり校則を守ってくれないと評判が下がっちゃうって思っているからだと思います。
 部活では,私が所属しているソフトテニス部を含め,たくさん部活があります。部活は強制じゃないので,皆が好きなように部活に入ることができます!上下関係とか厳しい部活とそうでない部活があるんですけど,先輩はすごく優しいですよ!だから,私は部活がとても好きです!!
 最後に,法政に入ったら皆,仲間なんです!他の学校はライバル(成績を争ったりする)になるけれどここの学校は皆が一定の成績をとっていれば全員高校に上がれます!だから,いつもラクに快適に学校生活が送れます。また,学校の最終目的は「自主自律」です。自分達が主体なのでほとんど生徒で何でも決めます。そういう色々な所が法政のいいところです。私みたいに受験のとき,附属校がいいなと思った人は,ぜひとも学校に来てください!(学校説明会とか)1 年 1 組で待ってます!
 後,共学なんで男子と女子がすごく仲良いですよ(笑)。休みが何だかんだいって多いので,私的には嬉しいです。

 2015年入学 東京女学館中学校 H.K. さん

 私は東京女学館中学校に入ったH.K.です。
【勉強の様子】
 英語と数学に特に力を入れていて、文科省で配布される教科書ではないテキストを使用し、どちらも週に5日ずつ授業があります。特に英語は中一の時から名前順の前半と後半に分かれて少人数クラスで行います。また全科目、中一の最初の授業でノートの使い方や予習復習の仕方を教えて貰い、ノート提出が定期的にあるので、授業中ノートを取らないわけにはいきません。中間、期末テストの他に夏休み明けと冬休み明けの試験、年に2回のベネッセの学力テストもあります。英語と数学は返ってきたテストをノートに貼って、間違えた問題のやり直しと、どうして間違ったのかという事を書いて提出しなくてなりません。学校の課題は多いかもしれませんが、しっかり課題をこなしていれば塾に通う必要はないと思います。
【友達関係】
 入学したてのころは、女学館小学校から上がって来た子と中学受験で入ってきた子で分かれていましたが、5月初旬の遠足の頃には仲良くなりました。
【校舎の様子】
 20年ほど前に建て替えられた校舎内は広く、きれいです。全学年が入れる講堂があり映画館の様な椅子に座って始業式や終業式も行います。校内には売店や食堂があり、食堂では食事だけではなくソフトクリームやドーナツ、ポテトフライ等のスナック類もあります。また、普段のメニューに加えて季節ごとの特別メニューを食べることもできるので、私は友達と曜日を決めて週1日~2日は食堂を利用しています。
【制服】
 白い制服は可愛いと思いますが、汚れが目立ちやすいので清潔に見える様に気を付けていないといけないのはちょっと大変です。白い制服というイメージが強いかもしれませんが紺色のセーターもあります。
【通学】
 渋谷駅からバスに乗って通学する人が大半ですが、私は恵比寿駅からのバスで通学しています。そのほかに広尾駅から歩いてくる人もいます。
 私の通学時間は40分ぐらいですが、新幹線で2時間かけて通っている友達も居ます。
【部活】
 学年によって違うようですが、私の学年では体育会系ではテニス部が、文化系では茶道部が人気です。
 特に大変な部活はバレー部、バスケ部などで、体育会系はどの部活も朝7時15分位から朝練があります。
【学校行事】
 行事の中では秋の体育大会が一番盛り上がります。
 中学だけでなく高校も一緒で6学年の学年対抗で行われるので、学校の校庭ではなく駒沢オリンピック公園の大きな競技場で行われます。
 私は女学館に入ってほんとうによかったと思っています。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 2015年入学 東京女学館中学校 H.I. さん

 東京女学館中学校に通っているH.I.です。
<はじめに>
 今から東京女学館の魅力が少しでも皆さんに伝わるように話したいと思います。
<勉強について>
 先生方はとても教え方が丁寧です。わからない所があれば最後まできちんと生徒がわかるまで教えてくれます。教科によっては再試験があります。しかし,それにひっかからないように皆がんばります。遊ぶ時は遊ぶ。勉強をするときはする。と,けじめをつけています。
<私の友達>
 友達は私に似ていてうるさくてはしゃぐタイプの子が大半です。静かな人がいません。いじめの問題もなくとても楽しい学校生活をおくっています。誰でもすぐに友達が出来ます。私は入学式に友達が出来てしゃべっていて怒られました。(笑)
<10分休みについて>
 授業と授業の間には10分間の休みがあります。そこでは皆いろいろな事をしています。例えば終わらない宿題を無我夢中にやっている人,おにごっこをしている人,何かを話している人,マンガを読んでいる人(ダメだが笑)などなどいます。このようにそれぞれ自由にこの時間を使っています。
<部活について>
 東京女学館には36個の部活があります。その中でも私はオーケストラ部に所属しています。(以下オケ部と省略)パートはクラリネットです。私は入部するまでクラリネットをふいた事がなかったので入部して初めてクラリネットをふきました。なかなか上手くふけない私にていねいに教えてくださったのは優しくておもしろい先輩でした。オケ部だけではなく他の先輩も優しい人ばかりです。
<行事について>
 東京女学館では5月に遠足,7月に軽井沢の宿泊,10月に運動会,11月に文化祭,他に合唱大会があります。遠足ではもう皆と友達になっているので友達が出来てないからつまんないだろうと考えている人も安心してください。軽井沢の宿泊はとっても楽しいです。自然に囲まれていて空気がとってもよくて都会とはまた別の世界へ行けます。(笑)運動会では学年ごとの戦いなのでものすごく学年が一丸となります。朝練,昼練もやりました。文化祭では各学年がレポートを書きます。また食堂やサーティーワン,他の食べ物もとても豊富です。是非来てみてください。
 合唱大会はクラスごとの戦いです。朝練を毎日やるほど運動会以上に一丸となります。
<校則について>
 東京女学館の校則は高い品性を備え人と社会に貢献する女性の育成が目標のせいかかなり校則は厳しいです。何かをするとすぐに3者面談となってしまいます。
<最後に>
 これらの情報が皆さんに貢献できると嬉しいです。是非東京女学館を考えてみてはどうでしょうか。

 2015年入学 早稲田中学校 J.T. 君

早稲田中に通う豊島区立M小出身のJ.T です。僕は、すぐるの近所に住んでいるので学校帰りには岸本先生永瀬先生に会いに卒業後の今もよく立ち寄っています。今回簡単に僕の近況と学校を紹介しようと思います。
[はじめに]
学校は、活気に満ち溢れていて毎日が楽しい。早稲田中を受験し合格を勝ち取って入学してくる友達の多くは勉強が趣味に違いないと思っていた。実際、僕も受験勉強をしていた時は単元によっては知ることがおもしろく夢中になって勉強したこともある。しかし、入学してみると初めは堅苦しい感じで互いをけん制しているようだったが、四月の課外授業の頃には打ちとけ合っていた。
[校舎の状態]
校舎はいくつかに分かれていてそれぞれ呼び名がある。理科棟は古くところどころに傷がある。しかし、設備が整っていて理科好きの僕には楽しい場所だ。中学棟は、ほぼ傷がなく、先輩達が丁寧に扱っていたことが伺える。高校棟は、食堂以外あまり行かないのでよくわからない。食堂の料理は、とても安くておいしい。(豚骨ラーメン大盛り一杯500円程度)お弁当を忘れたり母が忙しくて用意ができない時はここで食べることもある。他の学校と比べ建物は古いところもあるが大事なところはそこではない。
[友達とのコミュニケーションについて]
各教科の休み時間は10分もある。友達とよく話せる。具体的には、ゲームの話や他のクラスの話など勉強以外の話題…のまぁいろいろだ。中学受験でガリ勉をしていたヤツはどこへいってしまったのだろうというくらい和気あいあいとして騒がしい。
[部活について]
僕は運動は得意な方だが(今年も運動会の選抜リレーに選ばれた)文化部の物理研究部に所属している。早稲田中の看板ともいえる部活で運動部と比べても一番部員数が多い部活だ。活動内容は、半田ごてを使って半田を溶かしてLEDやコンデンサーをくっつけてロボットなどを作る。僕の部活に限らず中1から高2までがどの部活も一緒に活動する。そしてどの部活も週4回の活動がある。
[文化祭について]
興風祭と呼ばれる10月の文化祭には隣の早稲田大学に通うOBの方々も多く来校され差し入れを置いて行ってくれる。校内にはケンタッキーやサーティーワンの出張店舗がでる。校門は、華やかに彩られてとてもわくわくする。一般の人が早稲田中の校内に入ることのできる唯一の機会だ。学校見学を兼ねた小学生の多くは出展展示に参加できゲームや頭脳パズルなどで頭と体を動かすことが出来る。今年は過去最高の来場者数だったらしく先生方がとても喜んでいた。人数が増えると受験者も増えるというデータがあるからだ。皆さんも興風祭のパラレルワールドをぜひとも体感してほしい。
[授業について]
どこの私立も当たり前だが早稲田中でも文科省の検定教材は使わず、学校が決めた教材を使う。早く勉強が進み数学は中1の秋には、もう通常の中2の終わりの段階だ。数学は灘中や開成中と同じ教材のようだ。数学は絶えず期日指定の課題がでる。小学生のころと違い自分で計画を立てて毎日少しずつやらないと大変なことになる。数学と英語は小テストが頻繁にある。赤点だと合格するまで補習がある。赤点の人数は生徒の半数近くなることもある。これは皆が頭が悪いわけではなく徹底した指導だからだと思っている。また授業では発言も多く授業も先生の話も楽しい。
[校則について]
厳しくはないと思う。携帯電話はOK(校内では電源をオフにする)だし放課後は制服のまま寄り道もできる。カラオケやボーリングもOKだ。僕は、クラスや部活の友達数人と早稲田中の向かいにあるマックによく行く。ただ何をするにしても伝統ある早稲田中の生徒であることは絶対に忘れてはならない。
[中1の主な学校行事]
1学期
・日帰りアウトドアオリエンテーション
・運動会…高校と合同。競技に相撲や卓球もありおもしろい
夏休み
・3泊4日の林間学校
2学期
・利根川歩行…6年間で合計100キロを歩く。6年目のゴールには銚子の灯台(東大)がある。そこで記念写真を撮る。ただひたすら歩くという早稲田の超・伝統行事。
3学期
・日帰り鎌倉研修
[最後に]
僕は第一志望の早稲田中しか学校見学をしななかった。理由は他の学校はあまり考えていなかったからだ。だから入学できて本当によかった。これから大学卒業までの10年間ずっと同じ友達と過ごせる。これもこの学校のいいところだと思う。もちろん外部受験をして東大や他の国立を目指す人もいるだろう。僕は理系で受験を勝ち取ったと思う。今も理系教科が得意な方だ。だから将来は早大の理工学部の○○学科に進みたいと最近考えている。

 2015年入学 成蹊中学校 S.O. 君

 成蹊中学校
 僕は成蹊中学校に通っています。成蹊中学校に入学して一番最初に思ったことが,「この学校デカくて広いな」でした。実際,成蹊はとても広いです。中学HR棟は4階まであり,4階が1年生が使う所なのですが,教室もフリースペースも全てが大きく,休み時間で皆で追いかけっこをすることもできます。
 勉強では,代数と幾何がとても難しく,授業の内容をちゃんと聞かないと,ついていけないことがあります。後,英語の授業がありますが,この科目はテストがとても多く,少なくとも1週間に2回,多い時は3回くらいあります。勉強はつまらないと思いますが,先生が授業中に面白い雑談をしてくれるから大丈夫です。以前,先生の雑談で授業が20分くらいつぶれたこともあります。結局は授業も面白いです。
 僕はラグビー部に所属していますが,ラグビー部だからなのかは分からないけれど…キツイです。火,水,木,土とある上に,日曜日もある場合があるので,勉強との両立が難しいですが,楽しいイベントもあります。夏の学校は,最後の日に皆でセカオワを歌ったし,先生がダンスをしたりして面白かったです。体育祭では,最後の学年対抗リレーがすごく盛り上がったし,蹊祭では,皆で楽しくワイワイやったりして,すごく明るくて面白くて,夏休みや冬休み,皆でディズニーに行ったりと,楽しいことづくしです。中間試験や期末試験はキツイと思いますが,とてもいい学校なのでぜひ成蹊中学校に来てください。

 2015年入学 芝中学校 K.M. 君

 芝中学校について
 僕は今年,第一志望の芝中学校に入学した。母があちこち説明会に参加し,穏やかな雰囲気が僕に合っていると勧めてきて,実際に様々な学校の文化祭に行ってみて,芝が一番楽しかったので第一志望校にした。
 入学してから八か月経ち,穏やかだと思っていた雰囲気とは全く違った。入学時はおとなしい人ばかりと思っていたが,入学から少し時間が経つと,活発な人ばかりなことに気づいた。僕はゲームが大好きだが,(受験中は夏休みからやってませんでした)ゲームが好きな人が多く,楽しく過ごしている。
 校舎は地下一階から八階までで,エレベーターがあるが,中学生は教室がある階が二階から四階までなこともあり,高校生しか使用できない。中一は八階の生物室を使うので,階段を上るのがつらい。
 部活は吹奏楽部に入っている。何部にするか迷っている時,小学校の時に金管バンドに入っていて,大太鼓をやっていたので,吹奏楽部を見学しようとして部室の辺りを歩いていたら,高二の先輩がちょうど入ろうと思っていたパーカッションバンドで,しかもとても親切だったので,そのまま入部を決めた。入部してからもとても楽しくて,テスト期間前になって部活がなくなると,早く部活に行きたいと思うほどだ。パート内の人間関係もとても良く,休みの日には先輩に食事に誘われたりして楽しく過ごしている。練習は,文化祭前はほぼ休みがなくて大変なこともあるが,練習が多いだけあり,クオリティーの高さに驚いた。文化祭にはマーチングとステージの二つの発表があるので,興味のある人はぜひ見に来てほしい。
 とにかく楽しく,忙しく芝の生活を過ごしているので,塾に遊びに行きたいと思いつつも一度も行けていない。先生方すいません。
 芝は先生方も親切で本当に良い学校だと思う。志望校がまだ決まっていない小学生がいたら,間違いなく男子校,そして芝を勧めたい。

 2015年入学 豊島岡女子学園 R.S. さん

 こんにちは。豊島岡女子学園中学一年のR・Sです。
 カレンダーはひつじ年の12月。さる年受験の6年生のみなさんは、きっと最後の追い込みでがんばっていることでしょう。
 5年生や4年生のみなさんも、新しい学年を目前にして期待とか不安とか、色々な気持ちが混ぜこぜになっている人も多いと思います。
 今、壁には最後の1枚になったカレンダーがかかっていますが、この表紙を最初にめくった頃、私はまだ受験生だったのだと思うと不思議な気持ちになります。
 実は、入試が終わったあと遊びほうけてしまって、合格体験記を書きそびれてしまいました。永瀬先生、岸本先生ごめんなさい。
 この場をおかりして、今日までの中学生活を2月の入試から順に振り返りながらご紹介したいと思います。多分長くなると思いますが、もしよかったら読んでみてください。
【受験のこと】
 2015年2月4日 午後3時45分
 「○○○○番、ありますね・・・。」
 私の受験は、すぐるの先生が送ってくれた1本のメールで終わりました。母の携帯がそのメールを受信したのは、急に受験することを決めた遠くの学校に、願書を提出しに行く途中の山手線の中でした。豊島岡3日目入試当日の合格発表予定時刻 午後3時30分を過ぎても学校のホームページを開く勇気がでないまま無言で電車にゆられていた母と私は、思いがけず届いた先生からのメッセージに驚き、興奮を押さえながら次の停車駅で転がるように電車を降りました。すぐるに折り返し電話をかけようとした手が震えてしまって、なかなか番号を押せなかったことを今でもはっきり覚えています。最後の挑戦でやっと手に入れた合格でした。
 豊島岡の試験には3回チャンスがあります。この学校を強く希望していた私は、最初から迷わず3回分の受験を申し込んでいましたが、過去問との相性が良かったこともあり、正直に言うと3回目の試験に臨むことになるとは予想していませんでした。けれども実際はそんなに甘いものではなく、1日目と2日目は、自分では自信があったのに不合格でした。2日目の合格発表で私の番号が無かった日の夜は、ショックでほとんど眠れませんでした。その様子を心配した母は、3日目の受験を諦めるべきかどうかで悩み、永瀬先生と岸本先生に夜遅くまで相談にのってもらったそうです。そして、先生方の「お嬢さんの豊島岡へ思いを最後まで応援しましょう。」という言葉に励まされ、予定通り豊島岡で行くことを決めたそうです。母は、「もし他の塾に通っていたら、2月4日は他の学校を受けていただろう。」と言っています。だから、私が今、大好きな豊島岡に通っていられるのは、すぐるの先生のお蔭なのです!
 豊島岡入試最終日の朝は、YouTube で浅田真央ちゃんのオリンピックのフリー演技を繰り返し見てから家を出ました。普段は大食いな私ですが、食事は喉を通りませんでした。私も真央ちゃんのように絶体絶命のピンチを乗り越えて、自分の力を全部出し切りたいと思いました。
 意思の弱い私が諦めずに頑張れたのは、永瀬先生・岸本先生・両親の応援と、「豊島岡に入りたい!」という強い気持ちがあったからだと思います。これから受験をするみなさん、どうか最後の最後まで自分を信じて頑張ってください!
【朝のしたくと私】
 ドキドキの入試の末、ずっと憧れていた豊島岡女子学園に入学してからも、しばらくの間は朝目覚める度に「夢を見ているんじゃないか?」とほっぺをつねったりしていました。
 そんな私の悩みのタネは「朝のしたく」でした。豊島岡の制服のタイは、自分で結んで“ハト”の形にするのですが、羽の部分が上手く作れなくて何度もやり直すうちに首は痛くなるし遅刻しそうになるしで大変でした。それが今では、寝ぼけながらでもスイスイ結べるようになり、我ながら成長したなと感じています。
【部活と私】
 部活は、入学する前から剣道部とピアノ部を兼部すると決めていました。剣道部は朝練が週に3日夕練が週に4日で、ピアノ部は週1日決められた時間にピアノ室で自主練習をします。豊島岡は完全下校の時間が早いため、どのクラブの練習時間もあまり長い方ではないと思いますが、その分集中してがんばっています。剣道部の練習はピリッとした緊張感があります。先輩は優しくて、強くて、とてもカッコいいです。中学生と高校生が一緒に練習できるのも嬉しいです。ピアノ部は普段は部員同士の交流はありませんが、桃李祭での演奏に目標を定めて3つあるピアノ練習室で練習を重ねています。新入部員は夏にある部内コンサートでも演奏します。その時にもらった他の部員のみなさんと先生方からの感想やアドバイスシートは、目からウロコのことが多くものすごく参考になりました。桃李祭では音楽室、合奏室での演奏の他に、オーディションで選ばれた人が講堂で演奏します。今年は高校2年生の先輩が弾きました。素晴らしくて本当に感激しました。
 豊島岡生は全員クラブに参加することになっています。コーラス部や囲碁部は全国レベルで大活躍していますし、豊島岡ならではの阿波踊りの桃李連やリケ女の王道、化学部・生物部も人気だそうです。書道部や美術部の展示は、いつ見ても本当にすごいなと思います。運動会では体操部の人が模範演技をしてくれたのですが、バクテンがカッコよかったです。活動が週1回程度のクラブからほぼ毎日のクラブまで色々あり、自分のスタイルに合わせて選べます。夏休みにはクラブ体験の日があるので是非見に来てください。ちなみに私は剣道部の公開練習を見て豊島岡に入りたいと思うようになりました。
【運針と私】
 ご存じの方も多いと思いますが、豊島岡の朝は「運針」で始まります。私はとても不器用なので、最初は針に糸を通しただけでタイムオーバー・・・ということが何回もありました。それが今では母より速く縫えるようになりました。入学したての頃は、私と同じ左利きの先輩が側について優しく教えてくださり、少しずつコツをつかんでいけたのが良かったと思います。まだまだ“得意”とは言い切れませんが、「運針」の時間は結構好きです。
【ダンスと私】
 入学してから「聞いてないよ~!」と叫びたくなったことが1つだけあります。豊島岡は踊って踊って踊りまくる学校なのです。周りの友達には上手な子が多く、ダンスの苦手な私は予想外の「踊る生活」にかなり戸惑いました。今でも苦労していますが、高校3年生になる頃には人並みに踊れるようになっていたいと思っています。ダンスの得意な人は是非豊島岡へ!苦手な人は、私と一緒に頑張りましょう。運動会での高校3年生の先輩のダンスは感動的でした。
【勉強と私】
 この学校に入学してから、色々な人から「勉強、大変でしょう?」と聞かれます。私は他の学校のことを知りませんが、そんなに言われるのだから、多分豊島岡の勉強は大変な方なのだと思います。私の場合は、今になってやっとリズムがつかめたかどうかな・・・という感じです。とても優秀な友達がたくさんいて、毎日感心ばかりしています。これから、少しずつ頑張っていきたいです。
 得意かどうかは別にして(笑)、私は、英語と古文と歴史と数B(幾何)の授業が面白くて好きです。理科A(化学)は難しくて苦手ですが、得意な友達が沢山いて教えてくれるので助かっています。先生方も質問に行けばとても丁寧にわかるまで教えてくださいます。だから放課後や休み時間に質問に行けば良いと分かってはいるのですが、つい友達とのおしゃべりを優先してしまうので、次の期末テストでは誘惑に打ち勝つ強い精神力が試されると思っています。
 私はものすごく誘惑に弱いので、家では勉強せずに学校でやるようにしています。学校には自習室もありますが、私が気に入っている場所は、図書室とポッポ(食堂)です。剣道部の朝練がない日にも朝早く登校して教室でやったりもしています。時々気分を変えて学校の近くの中央図書館に行くこともあります。
【学校のカイダン】
 地下1階から地上8階まである階段は、都心の学校 豊島岡の名物の1つです。運動系のクラブはこの階段を使ってトレーニングしたりします。私はもともと体力がある方ですが、入学してから更に鍛えられたと感じています。是非、学校見学にきて試してみてください。スリッパだと脱げそうになるので、上履きを持ってくるといいと思います。
【最後に】
 まだ中学1年生なので知らないことばかりで書ききれていないことが沢山あると思いますが、私はこの学校が大好きです。興味のある人は、是非一度見学にきてください。待っています!


 2015年入学 明治学院 F.Y. さん

 「すぐる卒塾生の学校紹介」をご覧の皆様,こんにちは。平成27年1月に優学習会を卒塾した者です。現在中学1年生で,東京都東村山市にある明治学院中学校に通っています。(今こうして私立中学に通えているのも,すぐるの先生方のおかげですが。)
 私たちの学校の最大の特徴は,キリスト教学校であることです。ですから1日は礼拝に始まります。そしてこの礼拝を私たちは最も大切な時としています。
 礼拝ではまず静かに黙想し,神様に心を向けます。そして賛美歌を歌い,聖書の御言葉に耳を傾け,先生方の聖書のお話を聞きます。先生方のお話は,毎日いろいなテーマで私たちの生活に大いに影響を与えます。
 そしてもう一つ,賛美歌を歌うときに大切な存在-伴奏者,これは生徒の有志で行われています。中学の間はピアノしか弾けませんが,高校生になるとチャペルでパイプオルガンを弾くことができます。
 礼拝が終了すると10分ほどで授業になります。1コマ45分,各自が集中して取り組みます。
 個人的な話になりますが,私は英語が好きです。私たちの学校の英語の授業は,文部科学省検定教科書ではなく,"Progress in English 21"というのを使っています。普通の教科書より圧倒的に内容が難しく,高校生の単元もちらほら入っていたりしますが,先生にわかりやすく教えて頂けます。
 話が少し逸れてしまいましたが,こうして午前中に4つの授業を受け,昼休みになります。基本昼食はお弁当ですが,2年生からカフェテリアと購買も使うことができます。
 そうして午後にも2つの授業を受け,終礼となります。終礼では10分間読書や小テストも行われ,意外と大変です。終礼も終わると放課後になりますが,多くの人が部活動をしているので,それぞれに自分の活動場所に向かいます。
 私の場合,テニス部に所属しているので,練習が終わって帰ると夜の7時です。そこから勉強をするのはとてもきついですが,自分の今後に活かせると信じて頑張っています。
 そうした時間のない中,有意義に過ごすためには計画が命です。そのため学校では「スコラ」という中高生向け能率手帳が配付されます。忙しい毎日を,どう過ごすのがベストなのか,部活と両立するために何をすればいいのか考え,手帳に書き,それを実行すれば大したことはありません。小学生よりも自立が求められる中学生ですが,そうした小さな努力が自分を支えてくれます。
 また学校行事も豊富です。文化祭をはじめ,中1では白金キャンパス訪問,中2では東京歴史散歩,中3ではいよいよ研修旅行です。そうした楽しみもあります。
 こんな風に,私は中学生として充実した日々を送っています。中学校生活はとても楽しいです。
 この紹介文を読んで,「中学生楽しそうだな,早く中学生になりたいな。」そんな風に思って頂ければ幸いです。
 これをきっかけに,明治学院中学校を志望校として受験していただき,あわよくば入学して頂けたら,これに勝る喜びはありません。歓迎します。
 最後までお読み頂き,本当にありがとうございました。

 2015年入学 大妻中野 稲葉みずき さん

 私は大妻中野中学校のアドバンストクラスに通っています。ここからは学校での様子をお話します。大妻中野(以下「妻中」と省略)は最近できたピカピカの新校舎です。全校生徒が放課後がんばって掃除しています。掃除をがんばれば金賞をもらえます。妻中の制服はセーラー服です。シルバーブルーの線が襟にあります。ネクタイもシルバーブルーです。とてもかわいくて,私も私の友達もこの制服が大好きです。妻中での友達はみんなフレンドリーでいっぱい話しかけてくれます。すぐ仲良くなれます。私は入学式の日に友達ができました。入学式という行事が終わったら次は中1オリエンテーション旅行という行事があります。これは楽しい旅行ではありません。これから妻中で過ごしていく中でのルールを学ぶ旅行です。ルールをしっかりと教えて下さるのでこれからどう過ごしていけばいいのかが分かります。オリエンテーション旅行の後の行事は体育祭。中1はエアロビクスというものをやります。とてもかっこいい踊りです。体育祭でもみんな熱心です。体育祭が終われば次は文化祭の準備で大変です!!文化祭でもみんな熱心です。絶対大賞とるぞ!と気合いを入れています。文化祭という行事はクラスが団結します。みんなとにかくがんばります。文化祭は中学生は調べた物を展示して,クイズを解いてもらって何問とけた人にはこの景品のような感じでとても楽しいです。高校は食べ物を販売したり,お化け屋敷をやったりしています。あと部活の公園があります!!これまで行事の話について書きましたが,他にも合唱コンクール等いろいろあります。
 気になる勉強面。先生方は本当に熱心に教えて下さいます。生徒も聞き逃さないぞという思いで一生懸命授業を聞いています。授業終わりに数学の場合小テストがあります。その日にやった範囲のテストをします。だから授業に集中しないと点数が悪くなってしまいます。定期テスト以外にもチャレンジバンクテストというものや全校一斉漢字テスト,漢字小テストは満点であれば職員室前にはりだされるので,みんな満点になろうと必死に勉強しています。妻中はスーパーグローバルハイスクールアソシエイト指定校です。英語の勉強もいっぱいします。中学3年生からはコアクラス,英語ハイレベルクラス,アドバンストクラスに分かれます。
 次は部活についてです。部活は運動部,文化部ともに豊富にあります。私はチアリーディング部に所属しています。トップの人は下で支えるベースというのをやっています。妻中は文化部では合唱部,運動部ではダンス部がとても強いです。以上で学校生活について終わります。私の学校生活はとても充実しています。
 受験前は本当に大変でした。結構頭の悪かった私は算数が全然できませんでした。そのため,受験前は算数を主にやっていました。
 やる気の源は受験が終わってから小学校の時の友達とディズニーに行くことでした。受験後のお楽しみが待っていると思えばやる気がわいてきます。しかし,受験が終わったらもうあっという間に入学していて1学期中間が始まっていました。その時の中間テストは本当にボロボロでした。それが悔しくていっぱい勉強したら1学期の期末はとても順位が良くなりました。このように例え今回のテストが悪かったとしてもあきらめないで,次のテストで良い点がもらえるように努力すれば努力は実ります。だから受験直前の受験生や受験の準備をすすめている塾生もがんばって下さい。

 2015年入学 明大中野 N.S.君

 僕は明大中野中学校に通っています。勉強面では普段の生活がきちんとできていれば大丈夫です。一つ一つの授業をまじめに受けてその日の授業の復習を欠かさなければ,落ちこぼれることはないと思います。質より量というか,たくさん勉強する時間を作ることが大切だと思います。
 僕は野球部に所属していて,休みは水曜日しかなく,平日は夜7時まで練習があり勉強時間を確保するのがとても大変ですが,学校の休み時間や学校帰りなどの時間を使って勉強しています。とにかく勉強ができないと部活に影響してしまうことが多いのでたくさん勉強しています。
 明大中野中学校は今,新校舎に建て替え中で,一部の校舎はもう完成しています。二年後位には全校舎新しくなるそうです。
 行事は入学してからすぐの学年旅行,修学旅行,文化祭,教科見学会などがあり,教科見学会では今年劇団四季のライオンキングを見に行きました。
 明大中野は男子校なので女子とのふれあいはありませんが,先生達が男子校ならではの(××い)話をしてくれるのでとても楽しいです。
 中学受験が終わったらすぐに遊びましょう。中学に入ったら勉強で遊ぶことが全然できなくなるからです。でも受験よりも中間・期末のほうが簡単です。
 先輩達も優しい人がたくさんいます。小学校とは違う学校生活を味わえると思うので,ぜひ明大中野中学校に来てください。

 2015年入学 恵泉女学園 Y.I.さん

 私は恵泉女学園という学校に通っています。恵泉には,他の学校にはあまり無い園芸という授業があります。学校内にも畑があり沢山の野菜や花を育て,そこで収穫した野菜は家に持ち帰り調理します。一から自分たちの手で育ててきたものなので,とてもおいしく感じられます。
 また,恵泉はかなり自由な学校です。制服もなければ校則も他の学校と比べたら少ないです。生徒でさまざまな事を決めるのです。
 校則も生徒,恵泉デー(文化祭)も私のクラスでは先生は何も手を出しませんでした。生徒の自主性に任せているのです。そのためか行事が多く全校生徒,盛り上がります。
 でも正直,楽しいことばかりではありません。これは中学生になれば誰もが受けなくてはいけないもので仕方がないですが,中間テストと期末テストは本当に嫌いです。中間テストでは国,数,理,社,英とまだ良いですが,期末テストになるといっきに九教科になってしまうので,二週前,またはもう少し前からテストの勉強をしなくてはなりません。しかも私の学校には園芸も筆記テストに入ってしまうので勉強したくないこともありますが,頑張っています。あと,もう一つ苦労しなくてはならないことがあります。それは,朝早く起きて学校に行かなければならない通学です。私の家から学校までは一時間弱かかります。ラッシュの時間帯と重なってしまうこともしばしばあれば大勢の人をかきわけて乗り換えもしなければなりません。でも友達と合流できれば話に花が咲きます。通学が長い分,友達とも沢山話すことができます。だから,今では通学は楽しい時間となりました。
 新しく中学生となり,大変な事や苦労することもありますが,学校生活は楽しい事,面白い事もいっぱいあります。今思えば,恵泉女学園に入学して本当に本当に良かったと思っています。

 2015年入学 明大中野 加藤寛信 君

 私は明治大学付属中野中学一年の加藤です。
 私はこの学校に入り最初に感じたことは,校則です。私はこの学校は校則は厳しいと言われていたのに,実際入ってみると校則はあるはあるのに厳しいのは髪型だけで,あとは自己の良心に任せるという考え方です。先生もとても気さくで,どんなにこわい先生も必ず冗談を言って笑わせたりし,とても男子校らしい楽しい学校です。
 生徒どうしの関係も小学校とはちがい,みんなで仲良くというのはなく,喋りたい人だけと喋るというもので,けんかなどは別にしかたないがいじめは絶対に許さないといういい学校です。
 次に学校の校舎の様子について書きます。
 校舎は我々中一,中二が通っている,来期壊される三・四号館とそれ以外の学年が通う新中学棟というのがあります。何故新"中学"棟と書いてあるのに高校生がいるのかというと,現在高校棟を建て替え新高校棟を建設しているので,高校生が学ぶ場所が無いので,新中学棟を使っているわけです。つまり来年入る受験生の方は空調,エレベーター,自動販売機完備で冷水機,トイレもきれいな築1年の新中学棟に通えるわけです。他にも温水でなぜかきれいな室内プール,卓球場,柔道場,校庭,剣道場,などなどすごく充実しているのですごく学びやすいです。
 ここでみなさんが一番知りたいであろう,高校の進学基準についてです。まず高校では中学3年の成績が5.5以上であり英検3級取得しているものが進学可能です。しかし残念ながら行けない人も5,6人いるそうです。
 しかし大丈夫です。普段ちゃんと勉強していれば高校へは行けます。
 みなさんは今がんばって勉強していると思いますが,この学校は意外と楽で校舎もきれいで授業も楽しいです。どうですかみなさんも明大中野受験も視野に入れてみるのはいかがですか。それではご入学されるのをお待ちしています。受験がんばってください!

 2015年入学 広尾学園 M.O.さん

 私の通っている広尾学園は,校舎が近代的でとても明るく,オシャレという印象をまず受けるだろう綺麗な学校です。
 広尾という場所は大使館や公園など緑が多く,学校にもけやきの大木があり,学園のシンボルとなっています。
 学校の特徴としては,1人1台iPadを持ち,教材の共有やプレゼンテーションのスライドの作成,普段からの学習などに使っています。
 学祭であるけやき祭では毎年1人1人が学年テーマに合わせて独自のテーマを決めてプレゼンテーションを作り上げ,発表しています。
 サイエンスラボには大きな水槽が壁になっており,ちょうど廊下から見えるようになっています。そこで泳ぐ熱帯魚には癒しの効果もあるようで,よく人が見に訪れるのだそうです。また広尾学園では,ロボット講座,DNA講座,天体合宿などさまざまな講座が用意されていて,自由に参加することが出来ます。
 そして先生方は授業の教え方がとても上手で自分の担当教科がとても好きな人が多く,いつも面白い話を交えながら教えてくださいます。
 学校には学食があり,多種多様のメニューを日替わりで楽しむことができます。特に人気があるのが安くておいしい「日替わり麺」です。
 月に1回大勝軒というラーメン屋さんが来る機会があり,少し値段は高いですが,プロの料理を楽しむことができます。
 部活は,文化部が16個,運動部が13個,同好会が9つあり,部活動に入っている生徒が8割以上ととても積極的に参加しています。特にバレー部,ダンス部,チアリーディング部,吹奏楽部は学校が力を入れている学校強化部です。ちなみに私は吹奏楽部に所属しているのですが,先輩方は優しく分かりやすく教えてくださり,楽曲は保護者や部員の意見を取り入れた物を演奏することが多いのでとてもやり甲斐を感じています。今年のけやき祭では,来客者アンケートでけやき大賞を取り,とてもうれしかったです。
 これまでの学校生活で私は広尾学園に入学して本当に良かったと思っています。皆さんもよかったらぜひ見に来て下さい。

 2014年入学 市川学園中 H.T. さん

 私は市川学園中学校に通っています。市川学園は一言でいえば田舎にあります。駅からバスに乗らなければいけなくて,毎朝学校に行く前に疲れてしまいます。そんな市川学園ですが,まあ2年通えば慣れました。
 制服は女子は中学と高校で違います。中学の方はセーラー服です。よくかわいい制服だねと言われます。高校はブレザーです。普通にかわいいので早く着たいなと思っています。また,かばんも高校生になったら自由なので楽しみにしています。
 市川学園は共学になる前は男子校だったというのもあり,40人クラスで男子が23人,女子が17人と男子が多いです。その分にぎやかで楽しいので私はこの人数比が気に入っています。
 また,市川学園は勉強にも部活や行事にも力を入れています。勉強では毎年多くの難関大学合格者を出しています。その理由は大学受験に向けて中1のうちから準備していくからだと思います。中1中2で高校の勉強への基礎を固め,中3高1で高校の勉強+大学受験へ向けて進路などを決め,高2高3はもう復習です。このようにカリキュラムがしっかりと組まれているので学校の課題やテストをしっかりとこなしていけば自然に力がつくようになっています。そして多くの先輩方が塾に行かず,学校だけで大学に合格したという話をされていたので確かだと思います。
 市川学園には約40個の部活があります。私はその中の応援部という部活に入っています。内容は主にチアダンスと野球部の応援です。中学は毎年2回,高校は毎年3回大会に出て,成績を残しています。他の部活もさまざまなところで活躍しています。
 行事は文化祭,体育祭(高校は球技大会),合唱祭(高校は無い)があります。どれもクラスの団結が必要なので,行事を重ねていくうちに仲がすさまじく良くなっていきます。たまに上手く行かないときもありますが…。
 校舎はバッチリきれいです。私のお気に入りは普段何気なく通っている廊下や階段です。とても開放感があって,日光が適度に入ってきて心が穏やかになります。他にも新しくできたグラウンドや第3教育センターという市川学園の図書室もオススメポイントです。せび,文化祭などに来てみてください。
 これら以外にも市川学園には良いところがたくさんあります!市川学園に入って本当に良かったなと思っています!

 2014年入学 恵泉女学園中 A.O. さん

 私は今,世田谷区にある恵泉女学園中学高等学校という女子校に通っています。私の通っている恵泉女学園中学校は,1949年に新宿区から今の世田谷区に校舎を移設しましたが,比較的新しい校舎で,校内はとても綺麗です。私は学校へ電車で行っていて,大江戸線と,小田急線を使って学校に通っているのですが,大江戸線は行きも帰りも非常に混んでいて,毎日人に押しつぶされそうになりながら通学しています。さらに,私の家から最寄駅までと,経堂駅から,学校までを合わせて徒歩の時間は30分ぐらいで,合計通学時間は約1時間半なので,学校に行くだけで疲れてしまいます。また,普通の授業の時なら良いのですが中間試験や期末試験などのテストの前になると荷物が多くて,いつもの通学の2倍ほど大変になります。
 ところで今,テストの話題が出ましたが,私の学校はテストが多く,中間テストや期末テスト以外にも,毎日のように英語や数学など各教科の小テストがあります。そして,毎日,とても量の多い宿題が出ます。また,ゴールデンウィークや,夏休みなどの長期休みにもたくさん宿題が出てます。私は入学した当初慣れない学校生活にとても多い宿題が出て,宿題だけで,てんてこまいになっていましたが,半年ぐらい経つとだいぶ慣れてきて,自分の自由な時間も取れるようになってきました。宿題が多いと聞くと,嫌なイメージを持つかもしれませんが,多くの宿題を毎日こなすことによって,大変なだけあって,毎日何らかの勉強をするという癖がつきました。なので今は,勉強をすることにあまり苦を感じなくなりました。今は多く宿題が出る学校に入って良かったなと思っています。また,恵泉は英語に力を入れている学校なので,恵泉に通っていると,すごく英語が得意になれると思います。
 今まで書いたとおり,恵泉は少し厳しいですが,とても良い学校なので,気になった方は,ぜひ受験してみてください。
 <最後に>
 岸本先生と永瀬先生は,とても良い先生方なので,最後まで先生方についていって受験がんばってください。

 2014年入学 光塩女子学院 S.S. さん

 私の通っている光塩女子学院は,高円寺の住宅街にある赤レンガの学校です。今,1号館(高等科)を改装工事中で2年後(2017年)に完成する予定です。しかし,その工事のせいで渡り廊下が使えなくなってしまい,雨の日の教室移動が大変だったりします。教室移動用の傘があるのですが,足りないときも多く,そのときは雨の中数10mを友達と(叫びながら)走っています。おしとやか,お嬢様が多いというイメージを持たれますが,実際はマリア像に阿倍マリアと書いた名札がつけてあったり,ふきぬけからぬいぐるみが落ちてきたり……。そんな個性的な生徒が多いです。
 初等科がありますが,今では「最初,内部生怖かったー」と内部生の目の前で言えるほど仲良しです。
 そのような感じで毎日楽しい学校ですが,「制服がダサい」とみんな言っています。でも私はジャンパースカートで足の長さがわからなくなるので助かっています。
 私はアンサンブル部に所属しているのですが,練習は週1日だけです。光塩は部活は週2日までと決められていて兼部(聖歌隊と聖書研究会は除く)もできないので勉強と両立しやすいです。もちろん部活によってはほぼ毎日昼練(昼練は何日でも大丈夫らしい)のある部活もあるので楽とはいえませんが……。
 宿題の量もちょうどよく授業もわかりやすいです。英語と数学はAコースとBコースに分かれている習熟度別授業をしてくれます。また特別講座もあり「洋書を読もう」「理科実験」「漢文素読」の中から好きな講座を選んで勉強することができます。
 誕生月には学校(校長先生)から誕生日カードがもらえたり,1人1人を「世の光地の塩」として大切にしてくれる学校です。
 みなさんもぜひ,光塩にいらしてください!!

 2014年入学 恵泉女学園 Y.T. さん

 私は恵泉女学園中学校という学校に通っています。
 恵泉では制服がありません。その理由は創立者河井道先生が他人の個性を認めることが出来る女性になってほしいという思いからです。今年から,ズボンと,これまではだめだった中学生のタイツの着用が認められました。だから,服のバリエーションが増えました。制服がないことで天気予報や気温を調べるようになりました。
 中間・期末テストで点数が悪いと補習や再試を行ってくれます。特に英語では単元ごとに小テストがあるので自分の弱いところがすぐ見つかります。たま,間違えたところは必ず直しノートにやって苦手を減らすこともやっています。点数が悪い人でも見捨てない点が恵泉の良い点だと思います。
 私は硬式テニス部に入っています。先輩と後輩の関係はとても厳しいですが,そのぶん学ぶ点はたくさんあります。部活との両立は容易ではありません。部活のある日は17時半まであり,家に帰るのは大体18時半くらいになります。そのため,勉強があまり出来ません。このことが一番大変なところです。
 恵泉には他の学校にはあまりないチア部とサッカー部があります。この他にもどの部活に入ろうか迷ってしまうほどたくさんあります。
 恵泉はキリスト教だから抵抗がある方もいらっしゃると思います。私も正直不安でした。しかし,入ってみるとキリスト教の信者の人は少なく安心しました。また,毎日の礼拝も最初は抵抗がありましたが,今では日常生活の一部となりました。
 恵泉には9万冊以上ある図書室,「メディアセンター」があります。自分が探している本が数多く見つかるのでとても役立ちます。ここには,机といすがたくさん置いてあり勉強できるスペースもあります。中央にカジュマルの木が植えてあるので自然と共に勉強ができるよい空間となっています。
 少しでも恵泉に興味を持っていただけたなら幸いです。ぜひ一度恵泉に来て下さい。

 2014年入学 普連土学園 N.O. さん

 私が通う普連土学園について紹介したいと思います。
 普連土学園は比較的地味な学校です。紺のブレザーにスカート,白いワイシャツに中学生は赤いリボンをしています。夏には,グレーのチェック柄のスカートや白いベストを着ることもできます。
 校舎は高校校舎は綺麗なのですが,中学は古い校舎を使用しています。特徴的なのは,机や椅子が全て木で作られた(金属等を使用していない)ものなので落ち着いた雰囲気が感じられます。ただ,とても重いので掃除の時間は少々大変です。
 秋に行われる学園祭で一番楽しいのは,学園祭1日目の夕方に行う(一般公開していない)在校生と先生方とで作り上げる中夜祭です。この中夜祭で,皆が発表するダンスや様々なパフォーマンスが最高です。
 映画鑑賞の日もあります。全校生徒が講堂に集まって観るのですが,スクリーンは映画館並みの大きさです。昨年は「レ・ミゼラブル」を観ました。私も感動しましたが,感動して泣いている人が沢山いました。
 授業はとても楽しいです。例えば歴史の授業では,先生が教科書や資料集に載っていない内容まで詳しく,そして面白く教えてくれます。物理や化学では,とにかく実験を沢山やります。中1の時は,ほぼ毎回の授業で実験を行いました。
 ネイティブの先生による英会話の授業もあります。少人数でとても楽しい授業です。
 キリスト教の学校なので,「聖書」の授業が週に1回あります。先生の様々なお話を聞いて,キリスト教について深く知ることができる良い機会です。
 普連土学園にはプールがありません。水泳が苦手な私は内心ほっとしています。
 生徒数が少なく1学年3クラスです。毎年クラス替えがあるので,学年のほとんどの人と知り合いになって仲良くなり,だんだんと居心地が良くなって毎日を過ごすことができる学校だと思います。

 2014年入学 日大豊山 K.Y. 君

 僕は日大豊山に入ってちょっとびっくりしました。学校の中が,ボロかったからです。しかし今は,新しい校舎になっています。校舎は地下2階から地上11階まであるので,移動が大変です。
 今,僕は,すぐる卒塾生の友達と一緒にバレーボール部に入っていますが,はっきり言って,練習などはかなりハードです。バレー部は,期末試験などがあっても,大会が近いと,1週間前でも部活があるので,それはちょっといやです。
 僕の担任の先生がまた面白くて,体のがたが,やばいです。毎朝3時から筋トレをやっているので,学校に着いたら必ず冷房がついています。10月11月もそうでした。なので,風邪をひいてしまいました。
 僕は,今でも中学受験の時は一番まともに勉強したと思っています。
 受験が大変なのは,まずゲームなどをやれないことです。受験の時は,小学校の授業が終わったら,すぐ帰って10分くらい休んだらすぐに塾に行かされたし,友達と遊ぶことや,ゲームなども禁止だったので,6年生の1年間はものすごく長く感じました。
 2つ目は,受験直前の1か月間です。この期間は,学校も休んで塾で勉強したりして,いろいろな問題集などもしました。そして受験に合格しました。
 3つ目は受験後です。このときは,本当に何もやることがなくてパラダイスでした。ゲームや,本を読んでも何をしても怒られずにやっていました。
 僕はすぐる学習会に3年間通いました。永瀬先生・岸本先生のおかげで,受験に合格しました。3年間ありがとうございました。

 2014年入学 早稲田実業 H.T. さん

 私の通う早稲田実業学校は,愛校心を育む教育をしています。入学してすぐに行くオリエンテーション合宿で,校訓(去華就実,三敬主義)についての講義を受けたり,校歌コンテストをしたり,その後肩を組み輪になって「紺碧の空」を歌わされたりします。私は最初すごく抵抗がありましたが,今ではすっかり"I love WASEDA"です。
 とはいえ,制服がすごくダサいです。紺一色です。せめてスカートにチェックぐらい入れて欲しかったです。
 1学年240人で6クラスあり,1クラス男子27人女子13人と男子が倍以上いますが,慣れれば何ともないです。また,普通に生きていれば一生巡り合わないであろうとんでもないお金持ちによく遭遇しますが,その環境にも慣れました。
 私の個人的なおすすめポイントは,学食です。安くて量が多く,しかも期間限定メニューもあるので,毎日多くの人で賑わいます。皆さんも入学したら一度行ってみて下さい。
 部活は,全部で50個もあり,特に運動部に力が入っています。なので,関東・全国大会や甲子園に出場することが度々あります。また,早実は前・後期制なのでテストの回数が少なく,その分部活に打ち込むことができます。私は演劇部に入っていて,週5日楽しく活動しています。先輩は女性ばかりなのですが,面白いのに演劇に対してまっすぐで,私の中で尊敬と憧れが止まりません。今年は文化祭で主役もやらせて頂き,充実した1年でした。部活に打ち込みたい人は,是非いらして下さい。

 2014年入学 学習院中等科 K.N. 君

 僕は学習院中等科に通っています。学習院は,伝統と礼儀をとても大事にする学校です。制服は,他の学校とは違い,ボタンではなくホックが付いている制服を着ます。礼儀では,少しでも先生に態度を悪くすると,とても叱られます。
 勉強面では,他の学校よりも専門的な事を学びます。例えば,生物では,体の部分の名前を英語でおぼえたり,数学では,難しい事を教えてもらうので,ほとんど教科書は使いません。
 友達面では,みんな積極的で,恥ずかしがり屋の人でも,すぐに友達ができます。僕も最初は全く友達がいなかったのですが,みんなが声をかけてくれたおかげで,今ではたくさん友達ができて,とても充実した毎日を送っています。いじめやけんかなどは,全くないです。
 電車通学は,目白駅まで行けば,すぐに校門があるので,初めて通う人でも迷わず,楽に行けます。みんな遠くから来ていて,中には横浜から来ている人もいます。
 運動会は,他の学校とは違う伝統的な行事です。1年生は,綱奪いといって綱を横に引いてそれを奪うという競技をします。2年生は,騎馬戦。3年生は,俵を引っ張って自分の陣地に入れるという「俵奪い」をします。運動会ではこのような独特の競技をします。
 体育の水泳の授業ではふんどしをします。ふんどしをしめるのは難しく,何度も練習をしないと,はけません。最初は,ふんどしをしめるのが恥ずかしいかもしれませんが,男しかいないので慣れてきます。
 僕は,水泳部に入っています。水泳部は,月・水・金・土曜日に活動します。部活では,ふんどしではなく水着を着ます。先輩と後輩の関係にはあまり差がなくみんなで仲良く練習をしています。試合は,3ケ月に1回くらいあり,出場選手は先輩優先ではなく,速い人優先なので,1年生でも出られる可能性はあります。水泳部は,他の部活に比べて,少し甘い所もあります。ですが,ぜひ,学習院に入ったら,水泳部に入部してください。
 学習院は男子校だから男ばかりで怖いというイメージがあると思いますが,みんなやさしくてフレンドリーな人たちばかりなので安心してください。僕は学習院に入ってとても良かったです。

 2014年入学 宝仙理数インター 田利潤実 さん

 私は今,「宝仙学園理数インター」という学校に通っています。この学校はまだ創立して10年も経っていない新しい学校です。そのため校舎もとてもキレイで,エレベーターなども完備されています。また,学年は120人ほどの小さい学校となっています。
 宝仙は中野坂上の駅から10分ほど歩いた所にあり,中野坂上には大江戸線・丸ノ内線が通っているので,交通の便は非常に良いです。その反面,新宿などを通るので通勤・通学ラッシュは大変です!!押しつぶされ,カバンは流れていく…これは1年以上続けても慣れず毎日が地獄です。さらにもっと辛いことを言うと,宝仙はとにかく制服がダサイです!!!!スカートは紺地チェックのひざ丈,セーターもベストもジャケットも紺! 年がら年中紺づくしなのです。そのため,電車の中でかわいい制服を着ている子を見ると,いいなぁと眺めてしまうほどです。
・学校生活・
 勉強面でのことを紹介します。宝仙では,ほぼ毎日,何かの教科の小テストがあります。最初はすごく嫌でしたが,自分の出来ないポイントの発見につながったり,期末・中間への+αになったりするので,今はとてもいい制度だと思っています。他の勉強面での宝仙の特徴としては宿題の多さだと思います。夏休み・冬休みだけでなく,普段からとてつもない量が出ます。平日から真面目に取り組んでいないと休みが日曜しかないので悲惨なことになってしまいます。小学生のうちから,計画的にやるクセをつけておいたほうがいいですよ。
 次に生活面について紹介します。まず,宝仙では部活動は週に3回までと決められています。そのうえ,グラウンドはとても狭く,サッカー部・テニス部・野球部・陸上部が時間を決め使い回しをしている状況です。私はテニス部です。はっきり言って,1回の部活で打てる数は少なく不満も多くあります。でも,先輩後輩にはとても恵まれていて,年に1回は合宿もあるので,とても楽しいです。部活動は強制ではないので,帰宅部の人も多くいます。でも,私は部活を通して,成長できる部分がたくさんあるので,入って損はないと思います。
 私は今,友人関係にも恵まれ,部活動も楽しく本当に充実した生活を送っています。勉強はもう少しですが…。
 中学に入ったら,色々あるかもしれないけど絶対楽しい毎日が待っていると思います。そのため,今の受験部勉強を全力で頑張ってください!!
 最後に宣伝です。宝仙理数インターの今年度のパンフレットの学校行事というコーナーに私が載っているので,よかったら見てください。

 2014年入学 富士見中学校 H.M. さん

 私は富士見中学校に通っています。富士見は最近校舎を建て替え始めたのでだいたいピカピカですが,まだ全ての建て替え工事が終わっていないので移動教室の時などは旧校舎に移動するのが少しめんどうで,階段が一つしかないので高校生と中学生の6学年が移動する場合や移動教室が多いタイミングだと渋滞してとても大変です。
 お昼ごはんになると1つのフロアに2学年入っていてとても人数が多いので手を洗う人でトイレ(トイレに手洗い場がある)がとても混んでしまいます。
 富士見は1学年だいたい240人で松・竹・梅・菊・桜・桃の6クラスで1クラスは40人ぐらいです。
 制服は黒と白のセーラー服です。夏服はまだ白い部分が多いのでいいのですが,冬服でコートを着ると黒ずくめの組織のようになり,兄には「お葬式のようだ」と言われてしまいました。一時期では,タイをひっぱったり,スカートめくりとかが流行りましたがタイを安全ピンでとめてきたり,パンツが見えないように黒パンをはいてくるなどの対策をみんなが立ててきたのですぐに流行らなくなりました。
 体育祭は二学期にあり,一学期の球技大会をもとに赤・青・黄の3組に分かれて戦います。体育祭でマスゲームというダンスを中1,中3,高1,高3がやります。中1はボールを使い,中3はお祭りっぽいハッピとバチらしきものを使い,高1は旗を使い,高3は夏の制服姿でセンスと羽衣のようにみえるフワッとしたものを使って踊ります。個人的には高1のマスゲームがかっこよくて気に入っています。これらのマスゲームは一学期あたりから練習を始めて,二学期の体育祭が近くなってくると体育の授業はほとんどマスゲームの練習になってたくさん練習をします。なので体育祭で成功すると,とても達成感がわき,嬉しいです。富士見に入って行事などが増えて忙しくなりますが,その分楽しいことや嬉しいことがあるので,富士見に入ってよかったです。

 2014年入学 日大豊山 佐藤裕紀 君

 僕の通っている日大豊山中
 僕は,小学校の時第一志望であった豊山中に合格し現在充実した中学校生活を送っています。
 今年4月より護国寺に新校舎が完成し11建ての最新式設備のキャンパスができました。有楽町線護国寺駅より徒歩1分という立地も良いです。建物内にはアトリウムを中心としたオープンスペースや一体的学習空間があり建物の高層化により街の喧騒や周囲の視線から一定の距離をもち都心でありながら学校生活に良好な教育環境が整備されています。
 11階には温水プールがあり,体育の授業や水泳部の部活に一年中泳ぐことができます。また地下二階のアリーナは三層吹き抜けで天井が高くランニングバルコニーもあり冷暖房完備で快適です。校内五階まではエスカレーターもあります。
 学校は男子だけなので自分を飾ることなく,たくさんの仲間達との交流があり,のびのびとした学校生活が送れ,毎日楽しく勉強しています。
 クラブ活動も全員部活に所属し,体育部11部,学芸部11部とどのクラブも活発に活動しています。僕はバレーボール部に所属し,今年春の大会では都大会に出場しました。野球部,サッカー部,ソフトテニス部,水泳部などは部員数も多くなかなかレギュラーになれませんが,バレー部は人数が少なく昨年からレギュラーで試合に出ています。新人大会では2年生6名,1年生6名で出場しました。
 人数の少ない部ではありますが先輩・後輩ととても仲良く毎日トレーニング・練習と次の大会へ向けて頑張っています。特に優れている部活は,水泳部が全国大会出場,高校野球部は夏の東東京大会で決勝まで行きましたが,惜しくも準優勝で甲子園には行けませんでした。神宮球場まで全校生徒が応援に行くなど,学校全体で活動しています。
 僕は,この豊山中に入って本当に良かったと思っています。校外学習体験が多いことで友達との交流が増したり部活動では高校生と合同の時もあり,とても充実した学校生活を送ることができています。

 2014年入学 城北学園 T.S. 君

 城北の学校紹介
 まず,城北を語る上で欠けてはならないのが電車通学の大変さだ。城北に行く通学手段としては徒歩,自転車,電車の三つがある。電車を使う場合,上板橋駅と小竹向原駅の二つがある。問題は上板橋のほうだ。上板橋には東武東上線が停車するが,これが厄介なのだ。よく止まる。ほんっとよく止まる。私は帰宅の最中に,二時間半も電車が止まってしまったのを二回も経験した。
 さて城北についてであるが,まず,城北には他の学校にはないであろうルールがある。それは静座である。休み時間で浮かれた気分を目を閉じ心を落ちつかせることで,授業を受ける態勢を作る。これが授業の始まりの時の礼と一緒に行われる。その他のルールとしては緊急時以外の携帯の使用禁止,買い食い禁止(ただし,その場で食べるなら問題ナシ!!)等々…まあその他は常識的なものばかり。(遅刻禁止など)
 図書館は学校図書館としては都内最大級の蔵書数を誇るほど。プールは室内。グラウンドがアホみたいに広い!!など,学校としてはかなり良いな。ただしグラウンドは土,プールは虫がちらっと見える時もある。まあ,こういうことは気にしないのが一番!!また,他にも校内に食堂があったり(カレー280円ラーメン310円)。先生も質問に行けば答えてくれる!!そんなスンバラシイ学校です。
 男ばっかりで青春できないけど,それでも良いならぜひ!!
 ~どっちかというと保護者へ~
 昨今問題になっているイジメについては城北はかなり厳しい方です。またそれに対する予防もキチンとしています。学期ごとにはアンケートが行われそこでの回答で,たとえ些細な事でもイジメにつながりそうな事があればまず担任と当事者(イジメている方)で面談。そこで芳しい状態でなければ三者面談。その後生活指導となり,無期停学になります。城北は生活指導がかなりキチンとしているので下手に問題を起こせばどうなるかわかっているので,そういった面でも問題は起こりません。


 2014年入学 学習院中等科 川俣佑樹 君

 僕の通う学習院中等科は、お坊ちゃま学校というイメージがついているかもしれませんが、実際にお坊ちゃま風の人は学年に2人いればいいほうです。昔からの伝統を引き継いでいる部分もありながら時代の波に波長を合わせようと努力している学校であり、挨拶、礼儀、運動、学力を重視している普通の学校なのです。
 僕の学年は180人ほどで少し少ないのですが、普通は1学年200人ほどです。クラスは5クラスあり、1クラスは40人ほどになります。僕のクラスは、3分の1から2分の1の人が初等科勢なので、入学式の直後にはすでにクラス中がざわざわしていました。
 入学すると、1か月ほどの「部活仮入部期間」があります。9個の運動部と7個の文化部と4個の同好会がありますが、すべてを回ってください。これは勧めではなく命令に近いです。仮入部に行ったのにその部活に入らなくて、仮入部の時に教えてもらった先輩や先生に嫌われたらどうしよう?なんて考える必要はありません。なぜなら、ほとんどの1年生がなるべく多く体験しようとして、たくさんの人が部活に押しかけてきて、1人1人の顔なんて覚えてられないからです。しかも、中等科で生活しているうちにそんな細かいことは気にしない性格になってきます。なので、ぜひ、すべての部活を回ることをお勧めします(強制します)。
 ちなみに僕は音楽部に入っています。音楽部といっても吹奏楽専門の部活です。音楽部は、いつも高等科吹奏楽部と合同で、中高吹奏楽団として活動しています。プロ級の腕を持つ人や、優しい人、それからフレンドリーな人までいろんな人がいます。1度来たらハマると思いますので、ぜひいらしてください。
 仮入部に行くことの良さは、ほかにもあります。それは、仮入部に行ったとき、同じクラスの人との会話が生まれる可能性があるということです。入学してからの1,2か月は胸ポケットに名札を付けます。名札には色がついていて、昔から1組が青、2組が白、3組が赤、4組が紫、そして5組が黄色となっています。同じ部に仮入部に来ていた同じクラスの人とは会話が弾み、最初の友達となる確率が高くなります。
 次に、校舎の様子ですが、中等科の校舎は高等科の校舎と連結しています。中等科と高等科の明確な境はありませんが、校舎を半分に割って使っています。中等科生は高等科側に行ってはいけないというルールはありませんが、でっかい兄ちゃんたちがわらわらしているだけなので、あまり行ってもいいことはないと思います。ただ、移動教室で使う可能性はありますので、高等科側の部屋の場所も把握しておいたほうがいいでしょう。
 中等科の生徒玄関から中に入ると、まずはじめに、大きな部屋があります。そこは「生徒ホール」といって、売店(授業に必要なものは教科書以外はほとんどあります。)や自販機(紙パックの飲物や菓子パン、ヨーグルトやプリンなど売っています),食堂等が入っています。売店のお姉さんwは何といっても優しくて手際がいいです。さらに情報収集能力が高いです。例えば、今日から数学の授業でコンパスが必要なのに、家に忘れてきてしまった!授業まであと3分だ!なんてことがあっても、売店にかけこむと、「いらっしゃいませ~。コンパスと定規はこちらで~す」と、何がほしいかを察してくれます。更に、自分がお金さえ用意していれば、会計は3秒で終わります。自販機は、何といっても品数が多く種類が豊富です。自販機は全部で7、8台あったと思います。注意しておいてほしいのですが、この学校の自販機は全て紙パックです(今後変更されるかもしれませんが)。ペットボトルやカンは全くありません。最後に学食ですが、美味しいです。手軽に100円でポテトなどが買えたり、500円と少しで定食が買えたりします。定食も、麺類やカレーに唐揚げ定食、更にはGランチというのもあります。普通に美味しいです。
 また,学校には十数人の清掃員さんがいて、毎日校舎の掃除をしてくれているので、けっこうきれいです。
 制服は海軍の服で、ホック式です。この制服を使う学校は学習院の他は巣鴨や攻玉社など他にもいくつかの学校が使っています。正直なところ、着始めて1か月ほどは首のカラーがとても痛いのですが、そのうち気にならなくなります。ちなみに、体育の授業時はもちろん着替えるのですが、授業間のインターヴァルが10分しかなく、早着替えの技が必要になります。冬場にみんなが苦労するのは、制服のホックです。先生に怒られないためにも、早く着終えてほかの生徒にドヤ顔するためにも、着替えの練習をしましょう。
 目白の学習院には、外周2キロほどの広大な敷地に中高やら幼稚園やら大学やらがギュッと詰め込まれています。他にも、創立百周年記念会館なんかも敷地内に入っています。学習院の西門は目白駅を出て右を向くとあります。ここで気を緩めないでください。西門を入ると、さらに5,6分歩かないと校舎につきません。西門を入ってすぐにあるのは大学です。間違えて行かないようにしましょう。学習院の主な門はほかに正門と中高門があります。正門も中高門も目白通りにあります。正門は1番大きい門です。中高門は、その名の通り、中高の校舎に1番近い門です。
 大きな行事は運動会と鳳凰祭(文化祭)ぐらいです。強いて言えばクラスマッチぐらいでしょうか。運動会はごく普通の運動会です。文化祭では、クラスごとの出し物はなく、主に部活の出し物になっています。クラスマッチはけっこう盛り上がります。  最後に、学校の宿題ですが、この学校紹介文を書くよりよっぽど簡単です。先生の中には、昔からのあだ名がある人や、とっても面白い人など他にも特徴的な人ばっかりです。
 学習院中等科に入ってからの毎日はとっても楽しいです。皆様もぜひ、学習院中等科(音楽部)にいらしてください!

ページトップへ戻る

 2013年入学 日本女子大附属中 R.O. さん

 日本女子大学付属中高の魅力は,何といっても森一つが学校であることです。教室の窓からは四季おりおりの自然を楽しめ,授業を忘れるほどの「のどか」な景色です。この森を活かし,1年生の理科の授業では学校に自生する何万種の植物を教材とし森を歩き回りながら観察するという学校ならではの特徴があります。絶滅危惧種の草花も普通に生えてます。また,国語の授業ではあまり教科書を使わず,一つの文学作品を取り上げ丸々一冊時間をかけて学んでいきます。レポートの宿題が多く沢山書かせる学校ですが,長く書く力を身に付けることが出来,すぐるにいた頃もまったく書くことが苦手だった私が今では得意と言えるくらいです。
 また私の学校では「自治」を大切にしていて運動会・十月祭など全て生徒たちで決めていきます。客観的に物事を見る力,自分の意見を発信する力が求められますが,とてもやりがいのあるものです。自治目的で入学してくる子もいます。話し合いの場も設けられているため悩みやクラスの問題点など今の自分たちを見つめ直せるきっかけを与えてくれます。とてもかけがえのない時間です。
 そして本校最大の特徴として中学校と高校では部活動・行事など全て異なっているということです。中学校ではセーラー服ですが,高校になると私服になり,より自由になります。中高どちらも私立とは言えないくらい規定がなく髪型の指定もないので,自分らしくのびのび生活することが出来ると思います。部活動も中高合同での練習はありません。まったくの別物です。高校にあがると部活数も増し,マニアックな部活もあるため多くの経験を積むことができるでしょう。日本女子大附を受けるか迷っている方はぜひこれも参考にしてみて下さい。
 最後に…。皆さんは朝ドラ「あさが来た」を見ていたでしょうか。わが校は主人公・白岡あさ(広岡浅子)協力のもと,成澤泉(成瀬仁蔵)が創立した日本最初の女子大学校です。たぶん在校生は,これが唯一の自慢であり誇りだと思ってます(笑)ちなみに平塚雷鳥も日本女子大附の卒業生です!!
 校舎はやたら広く移動も大変ですが,静かで落ちつきのある場所です。女子校なので女子しかいないため女子力のかけらもありません。女子らしい子もほとんどいません!あまり女子校であることと,学校の遠さにとらわれないで下さい。入学してよかったと思える学校です。なので,ぜひ一度十月祭に足を運んでいただき学校に遊びにいらしてください。絶対にわが校の良さが分かるはずです。入学お待ちしています。そして,受験勉強頑張ってください。

 2013年入学 早稲田中 E.K. 君

 僕が受験を終え中学校に入学してから,もうすぐで3年が経ちます。僕が今通っている学校は,東京の早稲田中学校です。早稲田と言えば,大隈重信の創ったことで有名な早稲田大学や,スポーツ(特に野球)の強い早稲田実業,エレベーターの様にそのまま大学へと進学が出来る早稲田高等学院・中学部など様々な学校がありますが,僕の通う早稲田中学はこれらの様な有名なものもなく一番パンチ力の薄い学校かと思われます。なので,僕が早稲田中学校についてこの3年間の生活から出来るだけ紹介をしていきたいと思います。
 まず,早稲田中学高等学校は男子のみしかいない,いわゆる男子校です。なので毎日たくさんの男子にまみれて,恋愛などといった華やかな青春とはほど遠い生活を送っています。まあ正直言うと,男子だけだとやっぱり華がなかったり,見栄えのないムサ苦しい教室だなーと思ったりもします(笑)。しかし,男子しかいないというのは良い事でもあります。本来共学なら冷たい目線を向けられるような話題でも気にせずいくらでも話す事が出来るし,世間ではオタクと呼ばれるような趣味の人もたくさんいるので必ず自分の趣味に合った友人を見つけられると思います。早稲田中学は,中高一貫6年間で高校からの編入もないのでそういった友人達と長い時間過ごす事が出来るのも利点の一つだと思います。
 学校の校舎は,良い意味で歴史を感じるという感じで,高校棟の方は尚更早くキレイに改修されないかなーと期待している所です(笑)。校舎は少しマイナスイメージかもしれませんが,校内規則としての髪型に関するルールは他に比べて少し緩いと思います。僕が受験生時代に見たとてつもなく髪の長い高校生がいたり,入学した今でも特に髪に関するルールは緩いままのようです。また,部活に関しては,他の学校にはあまり無いであろう「弓道部」があります。この部活に入りたくて,入学してくる人も割といました。スポーツの印象は早稲田中学には無いと思いますが,弓道に興味のある方は是非,選択枝の一つにしてみてはいかがでしょうか。
 地味な紹介しか出来なかったかと思いますが,やっぱり大切なのはどの学校に入っても楽しめるかどうかです。僕はとても楽しめています。この紹介文を見て,少しでも早稲田に興味を持って頂けるとうれしいです。そして,結果がどうあれ,入学した学校では,受験時代の苦しい日々を取り戻すつもりでたくさん楽しんでください!

 2013年入学 大妻中野中 A.S. さん

 私は大妻中野中学校に通っています。大妻中野は駅から少し離れていて最初通学するのが大変でした。今はもう慣れて友達と毎日楽しく登校しています。すぐるにいたとき,私はとても静かな子だったので想像つかないと思いますが,剣道部に所属しています。ほぼ毎日部活があるので大変ですが,すごく仲のいい友達もできて充実しています。つい先日大妻中野の三大イベントの1つである合唱コンクールがありました。今年は中学校生活最後の合唱コンだったのでどのクラスもすごく燃えていました。私の学年は7クラスあるのですが,私のクラスの演奏順番は2番目でかなり不利でした。私たちが歌い終わった後も他のクラスの歌をきいて「負けたな」って思ったりもしました。かすかな希望を胸に審査発表をききました。ゴールド金賞で私たちのクラスが呼ばれたのでおどろいたし,とてもうれしかったです。中学最後の合唱コンクールはとてもよい思い出になりました。
 私は来年から高校生になります。今まで来ていたセーラー服とお別れしてブレザーになります。とても楽しみです。高1のクラスはアドバンストクラス,コアクラスそしてグローバルリーダーズクラスがあります。大妻中野はスーパーグローバルハイスクールアソシエイト指定校になりました。これから英語の授業はさらに難しく内容も深いものになると思うので頑張りたいです。また,来年からタブレットを取り入れた授業になるのでそれも楽しみです。
 受験生のみなさん。中学校に入ったら色々はじめてで大変なこともあると思います。でも楽しいこともいっぱいなのでそれを楽しみに頑張ってください。そして受験が終わったら今までの勉強してた時間がうそみたいにひまになります。ゲームをしてもテレビを見続けても怒られないのでとても楽しかったです。普通に公立の中学校に行くクラスの子と離れるのは悲しいけど,新しい友達もたくさんできて毎日楽しいです。大妻中野は女子校ですが,お嬢様学校というわけではないです。
 興味持っていただけたらうれしいです。

 2013年入学 青山学院中 R.T. さん

 私は青山学院で毎日楽しい学校生活を送っています。受験して入学する生徒と青山学院初等部から上がってくる内部生の数がちょうど半分ずつで,クラスも混合なので入学当初からみんながみんな緊張でガチガチということはなく,にぎやかなので自然と打ち解け合いやすいです。なにより,生徒の印象として明るくてフレンドリーで男女関係なしに仲良しなのが特徴だと思います。
 そして,良い意味でとても自由です。制服も形はある程度決まっているけどスカートやシャツ,リュックや髪型も自由なので1人1人の個性が出るし,選べて自分の好きなようにできるのが楽しいです。
 勉強においても,授業の内容は中学受験でやった勉強よりも難しくないし,試験前にコツコツと勉強していれば学習面で悩むこともないと思います。なのでその分習い事や部活に時間を費やすことができることも魅力の1つだと思います。
 部活動は,基本的に週1~2回と他の学校と比べてだいぶ少ないのですが,熱心な部は決められている曜日以外にも自主練や土・日に強化練習をやっているので自分の都合に合わせてどの部に入るか選ぶこともできます。
 私が所属しているチアダンス部は大会はもちろん,イクスピアリのステージで踊ったり横浜マラソンの応援,舞台に出る機会もあり,とても濃い部活の時間を送っています。そして特に楽しみにしているのは中等部祭と後夜祭で踊ることです。たくさんの声援とまぶしいくらいの照明を浴びながら今まで頑張ってきたものを見せられるその時間が最高に楽しいです。
 前の話に出て来た中等部祭。この行事は中等部生の多くが,1年の中で一番楽しみにしている行事だと思います。先ほど紹介した部活動などの発表もありますが,クラス単位で出す出し物は,クラスのみんなでたくさんの時間をかけてお客さんに喜んでもらおうと一生懸命考えて作るし,クラス仲ももっと良くなるし,出し物の内容がかなり自由で種類豊富です。おばけ屋敷やカジノ,トロッコ,脱出ゲームなどユニークなものがたくさんあります。中等部祭が近づくと何となくみんなそわそわし始めて,浮かれて授業に集中していないと先生に注意されます。(笑)
 交通の面では,渋谷駅から15分,表参道駅から10分と近い方ではありませんが,すぐに慣れるし思ったより遠くありません。そして,定期券内に渋谷か表参道が入っているので遊ぶ時に便利です。
 2時限と3時限目の間に毎日講堂で15分間礼拝の時間があり,先生や牧師さんのお話で寝ている人もいますが,いつのまにか鼻歌で賛美歌を歌っていたりクリスマスシーズンになると街で流れている音楽の中に知っている曲だなあと思ったら賛美歌で親近感が湧いたり,何だかんだ言ってみんなかなり礼拝に影響されています。
 今,入試に向けて頑張っている人がこの文を見て少しでも励みになったら嬉しいです。今頑張ったら必ず先に楽しいことが待っているはずです。少なくても私は憧れていた学校でこうして生活できているのは受験勉強を頑張ったからだと思うので,受験して良かったと思っています。みなさんも自分の生きたい中学校に通えている自分の姿を想像して頑張って下さい!!

 2013年入学 恵泉女学園中 H.Y. さん

 私の通っている恵泉女学園では『聖書・国際・園芸』を教育の柱としています。なので英語には力をいれています。また、聖書と園芸(園芸は1年生と4年生のみ)の授業があり、定期テストもあります。そのかわり美術と保健体育は定期テストがありません。
 恵泉の校舎は一番大きなホールは少し古いですが、その他は基本新しく廊下も広くてキレイです。またトイレは全てウォシュレットで数も多くトイレに並ぶということはありません。敷地内には畑が多く、グラウンドが小さめです。なので体育祭は外の施設で行います。また合唱コンクールも外でやります。
 部活は課外とクラブにわかれていて課外とクラブの兼部はできますが、クラブ同士の兼部はできません。私はオペレッタクラブに入っています。オペレッタとはざっくりいうとミュージカルのようなものです。部活の忙しさや上下関係の厳しさはそれぞれですが私の部活は先輩後輩の仲が良く楽しんで部活をしています。オペレッタクラブでは恵泉デーと新入生歓迎公演に向けて舞台を作っています。公演によって裏方か舞台にでるか決められるので気軽に入ることができました。また、中学と高校でわかれている部活もありますが、ほとんどの部活が中学と高校で一緒にやっています。なので幅広い世代とかかわることができます。
 恵泉は制服はなく、私服です。しかし、私服といっても少し規定があります。その規定は中学と高校で違います。規定は変えたいと思えば変えることができます。変えるには生徒委員で話し合い、生徒たちが変えたいと思う理由を先生方と話す必要があります。変えるには時間がかかりますが、規定を生徒たちの努力で変えられることは良いことだと思います。
恵泉は女子校特有の自由な学校です。もし興味を持っていただけたならぜひ来てみて下さい。

 2013年入学 城北中学校 I.U. 君

 私は今,城北中学校に通う中3です。すぐるの先生が卒業生の学校紹介というページを開くにあたって情報が欲しいとのことなので素直にいくつかのポイントについて述べようと思う。
・学校での勉強の様子
 スパルタというわけではない。また学校にはゼミ室がたくさんある。理科には力が入っていて実験は多い。また夏休みには理科自由研究というのがある。
・友人関係
 みんな仲良くやっていると思う。また当然のことだが部活の友達とはより仲良くなる。
・先生について
 話しやすい先生が多いと思う。自分はそんなに活発でない(!?)けど先生とは普通に話せる。
・校舎
 校舎はとても広いと思う。今でもあまり使わない部屋はどこにあるか分からない。中1の時は普通に迷う。
 また,校舎は新しいわけではないが汚いということは決してない。自分のクラスの担任(あだ名はカマリキリ)はそうじ熱心で教室は特にきれいだ。中1・2年ではまずないが中3になると休み時間中に菓子を食べるやつが何人かいるので臭い時もたまにある。月に一度クラス対抗のそうじの競争がある。
・制服
 普通。最近少しルールが変わったらしい。母いわく,インターネットで買うこともできて楽らしい。
・電車通学
 城北の欠点。駅から遠い。上板橋駅からは約10分,小竹向原駅からは約15分だ。遠いけど友達によく会うため,話しながら歩いてるとそんな遠くは感じなくなると思う。
・クラブ活動
 グラウンドが広いので運動部は活発だと思う。また温水プールがあるので水球部というのもあり,かなり強い。文化部はいろいろあるが鉄研はけっこう有名らしい。文化祭では"どんこう"という機関誌を出していて,好評らしい。ちなみに私はハンドボール部に所属している。
・行事の様子
 文化祭…けっこう盛り上がっていると思う。1回来てみるといいと思う。
 体育祭…内容は普通だが,クラブ対抗リレーというのがあり,ふざける部活もあるので観ていてとても楽しい。

 2013年入学 明大中野中学校 T.K. 君

 男子校!?汗臭い?ヲタクが多い?などのイメージがあるとおもいますが、実際のところ…否定は出来ません(笑)。夏の体育のあとはさすがに半端ないです。女の子がいないからヲタクになってしまうのも仕方ないのかな?
 そんなことは置いといて、明大中野の説明をしていきましょう。後輩が校舎のことと進学基準のことを書いてくれているのでそれ以外のことを。
 明大中野は文武両道を掲げており、勉強だけではなく部活、趣味に本気に取り組むことが出来ます。とにかく部活数が多いです。射撃部、相撲部、アーチェリー、水球、アイスホッケーなどの珍しい部活もあります。自分に合った部活が必ず見つかるとはずです。
 主な行事は、文化祭と体育祭がありますが、他の学校と比べると今一つ力が入っていないかも。文化祭は正直なところあんまり楽しくありません。まあ先輩達が本気で軟派しているのを見るのはおもしろいですけど(笑)。体育祭は学校の校庭が狭いのもあり、立川のグラウンドを借りて行います。立川駅から少し距離があり正直面倒くさいです。
 基本、大学受験がない分、6年間自分の好きなことを好きなだけできるし、もっと上の学校(国立や早慶上智)をめざす場合にはきちんと先生が面倒を見てくれます。明治大学に全員が行けるわけじゃないのが、少々残念です(高校400名中、約300名が推薦入学・国立受験の場合は併願可)。
 僕はこの中学3年間で、卓球、ギター、ベース、麻雀などを思う存分出来ました。たまには勉強もしますよ(笑)。毎日はとても楽しいです!ので女子がらみの青春はないけれど(笑)。
 最後に塾の先輩として、みんなに一言。
 受験生のみんな!!すぐるで勉強したこと、体験したことはいい思い出だよ!勉強大変でくたくただと思うけど、もう少しの辛抱だから体調気を付けてね

 2013年入学 芝浦工業大学中学校 T.A. 君

 私の通っている芝浦工業大学中学校について紹介します。芝浦は1学年4クラスの男子校です。男子校ってどんな感じだろうと思っていましたが、にぎやかでとても楽しいです。男子がいっぱいいるので、どんなにマニアックな趣味であっても必ず話の合う人ができます。私のまわりでも二次元にはまっている人、スポーツが好きな人、ゲーマー、PCの扱いが天才的な人等いろいろな友達が仲間同士で活躍しています。大人数ではないので、クラス替えをしてもずっと互いに仲良しです。女子がいないのは、つまらないと思うかもしれませんが、女子の目を気にしないでいられるので、とても楽です。髪の毛がハネてても笑われません!
 授業については、理系の学校なので数学の進度が早く、手を抜くと大変なことになります。最初のうちは自宅学習の大半を数学に費やすことになると思います。週に1回サイエンスアワーという授業があり、理系男子の好きそうないろいろなことをします。望遠鏡を作ったり、虹を見る装置を作ったり、コピー機の仕組みを勉強したりして、毎回面白いです。そしてこの前はカエルの解剖をしました・・これは大変でした。
 三年生の夏にはアメリカに二週間ホームステイに行きます。行く前は不安ですが、習った英語と身振り手振りを駆使すれば、現地の人には何でも通じます。もう日本に帰るのが残念に思うほど楽しかったです。
 良いことばかり書きましたが、私が一つ嫌だなーと思うところは頭髪検査です。1~2か月に1回くらいあるのですが、前髪が眉毛にかかるとアウトです。かっこよくて眉毛にかからない髪形はなかなか難しい!
 再来年から、校舎が豊洲に移転になります。制服も変わって高校には1クラス女子部ができるそうです。私は今の芝浦が大好きですが、再来年からどんな風に変わっていくのか不安ですが、楽しみです。

 2013年入学 青稜中学校 なおみ さん

イメージ
 私は品川区にある青稜中学校に通っています。もう中学3年生です。中学の3年間はあっという間です。
 中2の2月には校内中学合唱コンクールがあり,私は課題曲の指揮者と自由曲の伴奏をやりました。そして見事に課題曲で学年の最優秀指揮者賞を獲得しました。あまりにも嬉しくてボロボロ泣きました。合唱コンクールはクラスが1つにまとまる大切な行事です。
 合唱コンクールがまた来年の2月に行われ,課題曲の伴奏と自由曲の指揮者をやります。今は「大地讃頌」という曲を一生懸命練習しています。
 青稜中は宿題も多く全体的に進むスピードが早く,大変です。でも先生方の面倒見がいい学校です。テスト前には特別に「質問の日」の時間があり,放課後先生方に分からないことを聞けます。みんな部活と勉強を両立して,楽しく学校生活を送っています。
 たくさんの友達に囲まれ,そしてたくさんのすばらしい先生方に囲まれながら毎日楽しく元気に学校生活を送っています。
 みなさんもぜひ,この青稜中学校に入ってみてください!!


 2013年入学 学習院女子 S.M. さん

 私の入学した学習院女子、というとやはり「お嬢様学校」というイメージが強いと思います。しかしそんなことは全くありません。賑やかな人が多く、物静かでおしとやかな人は少数派といえます。全員女子だから気楽なのか、休み時間などはまるで無法地帯。若い男性教諭はその勢いに押されることが多いです。つい最近改装された校舎は非常にきれいです。そして驚くほどの緑の多さ。春になると、正門から校舎まで続く桜並木を楽しめます。その代わり雨が降った日にはミミズが出てきます。ほんと嫌です。
 中高一貫かつ付属大学があり、問題さえ起こさなければもう受験せずとも大学まで行けるので、生徒間の雰囲気がとても柔らかいのも特徴です。いじめの心配はありません。入る前のイメージとは全く違う、非常に過ごしやすい校風というところが学習院女子の利点です。ただ、欠点として挙げられるのは「数学の進度の遅さ」。この学校は文系なのです。だから、理系の人にはもしかしたら向いていないかもしれません。先生方は丁寧に教えてくれますが、変わった方が多いです。
 いかがでしたか?これを読んで学習院女子に興味をもってくださったなら、ぜひいらしてください。

 2013年入学 青山学院 R.O. さん

 青山学院、と聞くとお洒落なイメージを持っている方が多いと思います。そのイメージの通り、通っている生徒はお洒落に気を使っている子が多いように思われます。私の主観的な感想になってしまいますが、可愛い子も多いと思います(笑)校則もあまり厳しくなく、自由な校風に合ったものとなっています。ただ、冬季は着用を義務付けられている中等部の灰色襟なしブレザー(渋谷の鳩...)と、体育の時に着る緑色のジャージはとってもダサいです。
 秋には運動会、文化祭と行事が重なり、とても忙しいですが充実した日々を送ることができます。文化祭は当日だけでなく準備もクラスの色々な人と関わることができ、とても楽しく過ごせます。部活でも、クラスでも全員の仲が深まります。文化祭の後に、生徒のみで開催する後夜祭は、吹奏楽部の演奏やバンド演奏、ダンス部のパフォーマンスなど、毎年すごい盛り上がりです!
 私は青山学院中等部に入ってから、毎日刺激的で楽しい生活が出来ています。色々な性格の子が居るので、絶対に自分に合う子が見つかるはずです。ぜひあなたも青山学院中等部に来てください。お待ちしております!

 2013年入学 本郷中 T.F. 君

 僕が通っているのは本郷中学校です。
 男子校です。「男子校って怖ーい」とかいうイメージを持っている人も少なくないと思うのですが、滅茶苦茶楽しいです。「周りは共学がいい」とか言っている輩がいますがそれは少数意見です。女子には失礼かもしれませんが女子に無駄な配慮を配らなくていいし、なんといっても何をやっても大丈夫という環境が日常生活を楽しませてくれます。(常識ある範囲で)
 建物に関しては今年、新築された校舎もあり、とても綺麗です。この学校が掲げている教育方針である文武両道の通り、グラウンドの人工芝などの設備も整っており、勉強だけではなく、運動についても力を入れていることが解ります。部活の種類も多く、自分がやりたいことは出来ると思います。
 ここで学校の行事について説明したいと思います。まず文化祭について。共学や女子校に比べると倍以上に面白いです。お化け屋敷やカジノがとても多く絶対に飽きることはないと思います。出店も多く充実しています。あと毎年見られるのが文化祭にやってきた女子へナンパするシーンです。皆、思考錯誤して彼女を作ろうと必死です。それを見ている側からすると面白すぎて結構大きなイベントになっています。上記と矛盾する点もありますがご了承ください。
 次に競技大会です。これは僕自身、毎年首を長くして待っている楽しいイベントです。これは簡単に説明すると1日中遊ぶ行事です。クラスが一つのチームになり、ドッジボールやバスケ、サッカーなどの競技をして勝敗で勝負します。日頃のストレスをこの日にぶつけて発散させる人もいます。1日丸ごと勉強せずに、好きな事が出来るなんて夢の1日です。運動が嫌いな人には不評ですが・・・
 最後に中間考査、期末考査について説明します。中学に入ると勉強のレベルが一段と高くなります。ボーっとしていると置いてかれます。今、何となく勉強をしている人は特に注意してください。周りも考査が近づいてくるといつも以上に顔つきが変わります。怖いぐらいです。言いすぎました。でも周りが変わると自然に自分も勉強しなきゃという気持ちになります。この様な環境はとても良いものだと思います。考査自体はとても難しいです。友達はノー勉で挑み見事3点という壊滅的な点数を取っていました。みなさんは絶対にこの様な点数を取らないで下さい。高校進学も危ぶまれます。
 今、入試に向けて頑張っている人に向けて一言。わかりきっているとは思いますが、落ちたらまた地獄のような入試が3年後に待っています。しかも英語という教科が入って。合格すれば、毎日がパラダイスの日常が待っています。みなさんが通っているすぐる学習塾は先生方がとても親身になって勉強を教えてくれます。理解してくれるまで付き合ってくれます。この様な良い環境はなかなかありません。自分がどれだけ恵まれているかを考えながら、このような良い環境を与えてくれた親に恩返しをするつもりで頑張って勉強してください。

 2013年入学 豊島岡女子学園 A.K. さん

 私が入学した学校について紹介します。
 まずは校舎についてです。豊島岡の校舎はフロア面積が狭いそこそこの高さの建物です。そのためやたら階段が長く,同じ時刻に池袋駅にいても教室が二階か六階かで遅刻するか否かが決まってしまいます。しかし階段が長いことも,体育館が三つあることも,微妙に複雑な設計の校舎であることも,慣れてしまえば大丈夫です。
 次に校則や校風についてです。豊島岡は校則がとても厳しいという印象を持っている人は多いと思います。私自身も入学するまではそうだと思っていました。しかし実際に生活してみると,別に全身黒づくめでないといけないわけではないし,明らかにスカート丈が膝上でもそれほど厳しくは注意されません。
 もちろんあまりにも目立つかつ常習犯だと目をつけられます。しかし廊下を高速で走ることで有名な先生もいることですし,学校もそこまで細かく規則を守ることを生徒に要求しているわけではないようです。また生徒のほとんど全員が常識の範疇で少し変わった人なので,特定の誰かが浮いてしまいいじめになるというのは見たことがありません。地味で寡黙な人から派手でよくしゃべる人まで,お互いを馬鹿にすることなく楽しく過ごせる学校です。そして生徒の人数がとても多いため様々な才能やセンスを持つ人に出会えます。豊島岡の友達はみんな少しクセがあって,でもそれを含めてすごく面白い,他ではできない最高の友達です。
 最後に勉強についてです。進学校なので授業の進度はとても速いし内容は濃いです。しかし先生方の説明は面白く分かりやすいです。また休み時間や放課後には職員室前で質問をしている生徒がたくさんいるので,質問しずらい雰囲気は全くありません。宿題に関しては,生徒を遊ばせると災いが起こるとでも思っているかのように長期休暇中にも大量に出されます。その中には社会のレポートやあみぐるみの作成などある程度時間を必要とするものもあります。また考査ごとにほぼ全ての科目で補習があるため実技も筆記も手を抜けません。しかしそれらを全てそつなくこなした上で好成績を叩き出す天才もいます。それも一人や二人ではないというのがこの学校の恐ろしいところです。こういう天才をたくさん見ても過度に落ち込まないことが大切です。
 豊島岡の様々な良い所や悪い所について書きましたが,総合的に見て私はこの学校が好きです!前にも書きましたがこの学校の生徒は皆面白い良い人です。中高時代の友達が一生の友達だととても素敵だと思います。難しい勉強や大量の宿題も,ちゃんとこなせば少しずつ頭が良くなっていきますよ(笑)。校風が合わない人もいるかもしれませんが,この紹介文で少しでも豊島岡の魅力が伝わっていたら幸いです。

 2013年入学 雙葉学園 K.I. さん

 私は雙葉中学校に通っています。雙葉といえば、おしとやかでお嬢様系の子が多いというイメージがあるかもしれませんが、実際は全くそんなことはなく、お嬢様とはほど遠い私でも、毎日楽しく通っています。また、カトリックの学校だから宗教性が強いのかと思っていましたが、毎朝教室でのお祈りや、週に一度の宗教の授業があるくらいです。
 生徒の人数は一学年180人ほどと少なめで、雙葉小から上がってきた人が80人、中学から入学した人が100人程度の割合です。正直、小学校からの人と仲良くなれるか不安でしたが、みんな優しくてすぐに仲良くなれました。
 雙葉では全員が必ず部活動に入ることになっています。部活は文科系、理科系、運動系があり、班・部・会に分かれています。部活は基本的に中・高一緒にやっていますが、珍しいと思ったのはほとんど人が中学で入った部活をそのまま高校でも続けることです。中一の頃、高校生の先輩は怖かったのですが、同時に上下関係や礼儀も身に付きました。運動部はバスケ、バレー、卓球があり、週6日の練習があります。私はバスケ部に所属していて充実した部活生活を送っています。球技大会や運動会では役員として行事に参加することもできて、運動部はとても楽しいので雙葉に入ったら運動部に入るのがお勧めです!
 びっくりしたことは、掃除にとても力を入れていることです。週替わりの当番が、毎日体操着に着替えてトイレまで掃除するので校舎はいつもピカピカです。
 制服と立地の良さは自慢できるところです。制服はよく他校から「可愛い」と言われるので誇りに思います。校舎は駅から一分の所にあって、一分前に駅についても走れば間に合うので最高です!
 雙葉で送る学校生活は充実していて本当に楽しいです。皆さんも楽しい中学校生活が送れるように、受験勉強頑張ってください。

 2013年入学 香蘭女学校 Y.T. さん

 私が通っている香蘭女学校は比較的綺麗で制服に関しては個人的にダサいと思いますが他校の友人からは,頭がよさそうに見えるらしいので実は満更でもないです。電車内に集団で可愛い制服の人たちが入ってくるとどうしても目を伏せざるを得なくなりますが(笑)そんな電車通学も,正直大変なことだらけです。舌打ちはしょっちゅうで怒鳴られる時もありますし,本当に疲れます。絡まれた時なんかは,いまだに怖いです。しかし,同じ方面の友人達との待ち合わせや混んでいる時に友達と流されたりするのも案外楽しかったりするので,電車通学も青春らしいと思います(笑)。
 勉強は,いつまでもついてくるものだと最近特に感じます。中学受験が終わったら明るい未来が待ってる!なんて誰が言い出したんだろうと思う程です。辛いです。中学受験をした意味もたまに分からなくなります。試験前は本当に焦って泣くことが多いです(私の性格の問題かも知れませんが…)。また,私は部活が忙しいので,両立がすごく大変で何もかも嫌になる時も沢山あります。しかし,やらなければいけないことはやらなければいけないので,全力で頑張っているつもりです。いつか,頑張って良かったと思える時が必ず来ます。それはテストが返ってきた時や終わった後の楽しい時間,もしかしたらそう思えるのはしばらくした後かもしれないけれど,絶対に頑張った方がいいことがあります。辛いことの方が多いと感じるのは辛いことが自分に及ぼす影響が大きいからなんだと私は思います。でもその裏では友達が支えてくれていたり音楽や好きなものが助けてくれていて,そういうのが上手く回って毎日が作られている気がします。
 部活も忙しくて嫌なこと苦しいこと沢山あります。しかし,頑張ってきた集大成を全て見せられた時は本当に嬉しくて感動します。
 どれだけ辛くても最後は必ず自分にとってすごく良い思い出に変わっているので,どんなこともやって損はないと思うし,むしろやって沢山いい思い出をつくれたらなと思っています。こんなことはもちろん普段の生活では考えないし文句ばかり言っていますが,結局はこのために頑張っているんだと思います。
 ヒルダ祭は,この日のためにものすごく努力をしてきつい練習の毎日をくりかえしながら部活全体で1つの演奏を届けられる野伝とてもやりがいのある行事で一番感動する瞬間です。部活が音楽部管で良かったと何度も思います。友達に関しては難しい所もありましたが,様々な問題を経験したからこそ,今一緒にいて幸せな友達を見つけられたんだと感じています。何度も挫折する時期はありますが,今のところは忙しながらも毎日時間を追いかけながらも,ちゃんと「学生」をエンジョイできていると思います(笑)小学生時次第とはまるで生活が一変してしまって戻りたいと思うことはしょっちゅうです。というか毎日です。でも全力を尽くしてがんばり抜いたら絶対幸せになれるのでたまに弱音を吐きながらアオハライドしたいです(笑)。

ページトップへ戻る

Copyright(C) すぐる学習会 All Rights Reserved.